学生の作品紹介

音楽コースでは音楽をつくることを学ぶと同時に、音楽の役割や可能性について考え、音楽を社会に届ける力を身につけます。2年次の「届ける」実習では、音楽の文化的・社会的意義に注目し、音楽イベントによって人を結びつける方法をみんなで考え、実際にプロジェクトとして取り組みます。2014年度は3つのグループに分かれ、それぞれがレーベル、ライブイベント、フリーペーパー、ワークショップ、Ustream番組などの企画、制作・運営を行い、社会に発信しました。

NEWLDIES
「Newldies ―― ノスタルジーの夜明け」
出演: 高野 寛、jan and naomi、本日休演
会場:京都UrBANGUILD

新しい音楽 “new”とふるきよき音楽 “oldies”とを組み合わせ、時代を超えた音楽を楽しめる全く新しいライブイベントを企画。アシッドフォークやオルタナティブロックなど、大人も若者も一緒に楽しめるふるくて新しいブッキングを実現した。
 ポピュラーカルチャー学部Webサイト 詳細ページ
Ama's
「明かりを消して 灯りをつけて」 
出演:Ama's、山下キヨシ、小松正史、
マレウレウ
会場:百萬遍知恩寺 阿弥陀堂

暗くしたお堂のなかで、耳を澄まして音楽やお話をきくライブイベントを企画。アイヌの伝統歌「ウポポ」の再生と伝承をテーマに活動するグループや、環境音楽家、オルタナティブロックバンドを招き、その場所でしか体験できない音楽会を開催した。
 ポピュラーカルチャー学部Webサイト 詳細ページ
NEWTOWN
「どこへいっちまったんだ dj newtown」
出演:In the blue shirt、blackglass G、
MADEGG
会場:京都精華大学友愛館Y-004

関西を代表する3名の若手トラックメーカーをゲストに招き、前半は2014年のベストトラック談義を繰り広げ、後半は参加者が持参したCDを素材にその場でトラックメイキングするワークショップを開催。トラックメイキングの妙技を実際に目の当たりにできる貴重な機会にもなった。
 ポピュラーカルチャー学部Webサイト 詳細ページ
音指令ガチャガチャ
「音指令ガチャガチャ」
ガチャガチャのカプセルから出てきた指令にしたがって、声や言葉、物音などを出してもらい、その音を録音。多くの人から集められた音をコンピュータ上で組み合わせて楽曲を制作することで、さまざまな音から音楽が生まれることを体験してもらう試みを行った。
 
ポピュラーカルチャー学部Webサイト 詳細ページ
「メロディステップ」
「メロディステップ」
公共空間で、子どもたちに気軽に音で遊んでもらおうという意図から、踏み進むとドレミ♪ と音が鳴る遊具を制作。京都市内の公園や文化会館に実際に設置し、子どもたちの反応や遊び方のパターンをみながら改良を重ねた。
 ポピュラーカルチャー学部Webサイト 詳細ページ
カセットテープ「ne-01」
カセットテープ「ne-01」
収録アーティスト: Kai Takahashi、in the blue shirt、パルプンテ

「再体験」というテーマで取り組んだプロジェクトのひとつで、カセットテープをみなおそうという提案のもとリリースしたコンピレーションテープ。収録曲はWeb上で公開しつつも、B面に未公開ミックストラックを収録することで付加価値を高めた。
 ポピュラーカルチャー学部Webサイト 詳細ページ
「Lilac」
コンピレーションCD「Lilac」
収録アーティスト:Ama’s、YOU MUST SEE I、Group_kojin、山下キヨシ、YYBY、北川知早、松井くんと上田くんとサヨナラバイバイズ

「幼なじみ4 人が、京都の大学で再会した」というストーリーをもとにプロジェクトを展開し、リリースしたコンピレーションCD。普通の大学生4人が好きな曲をもち寄った感じを大切にし、自然体で選曲している。
 ポピュラーカルチャー学部Webサイト 詳細ページ
「Rin-Zine」 
フリーペーパー「Rin-Zine」 
ライブイベント「明りを消して 灯りをつけて」、CD「Lilac」と連動して制作したフリーペーパー。ライブ会場の知恩寺の紹介やCD収録アーティストのインタビューなどを掲載している。
 ポピュラーカルチャー学部Webサイト 詳細ページ
ページトップへ