ポピュラーカルチャー学部共通科目

よりすぐれた作品をつくり出すためには、技術だけでなく理論を学び、人間社会や芸術について幅広い知識と
自らの考えをもつことも必要。ポピュラーカルチャー学部には、さまざまな講義科目、演習科目が用意されています。


基本講義・演習科目

広い学問領域を網羅する基礎講義・演習科目。幅広い知識を身につける講義、世界で活躍する力となる語学、
就職につながるキャリアアップ演習など、多様で魅力的な科目が用意されています。

  • 哲学
    現代思想
    宗教学
    倫理と社会
    日本文学
    世界文学
    民俗学
    考古学
    日本近現代史 1・2
    社会学
    政治学
    法学概論
    日本国憲法
    文化人類学
    芸術と経済
    東洋古典講座 1・2
    西洋古典講座 1・2
    現代日本社会論 1・2
    言葉の科学
  • 視覚認知論
    科学の歴史
    自然科学論
    文明と環境
    生物学
    数学
    マンガ文化論 1・2
    情報処理基礎 1・2
    キャリアデザイン1~4
    点字講座 1・2
    健康学 1・2
    スポーツ実習 1~4
    英語 1~4
    日本語 1~4
    ドイツ語 1~4
    スペイン語 1~4
    フランス語 1~4
    中国語 1~4
    朝鮮語 1~4
  • タイ語 1~4
    教育学概論
    図書館概論
    生涯学習概論
    人権教育論
    現代学校論
    写真技法演習 1・2
    キャリアアップ演習 1・2
    芸術学 1・2
    創作論 1・2
    ワークショップ 1~4
    表現ナビ
    作品ポートフォリオ実習 1・2
    キャリアのためのデッサン 1~4
    クリエイティブの現場
    キャリアインターンシップ
    クリエイティブキャリア基礎演習
    クリエイティブキャリア実践演習

専門講義科目

音楽・ファッションのジャンルを横断し、学びの基盤となる科目群から、
ポピュラーカルチャーを学ぶうえで不可欠な文化理論科目、コンテンツビジネスの重要な視点をやしなう科目など、
大学ならではのカリキュラムをそろえています。

分野基盤科目群

  • ポピュラーカルチャー原論
    クリエイティブ概論
    サウンドデザイン概論
    ファッションデザイン概論
    身体感覚構造概論
    比較文化概論
  • ポピュラー音楽史
    ファッション史
    テクスト分析法研究
    作品作家研究
    スタイル素材研究
    スタイル編集研究
  • 舞台表現論
    身体表現論
    視聴覚表現論
    ストリート表現論

文化理論科目群

  • ポップ批評
    ポップ美学
    文化社会学
    メディア論
  • 文化装置論
    サブカルチャー論
    広告文化論
    近代社会文化誌
  • 京都の文化装置1
    京都の文化装置2

コンテンツ・ビジネス科目群

  • 文化産業研究概論
    知的財産権概論
  • マーケティング論
    文化政策論
  • アートプロデュース論
他学部・他学部の科目も履修できる 芸術学部、デザイン学部、マンガ学部、人文学部の授業科目を、
ポピュラーカルチャー学部の学生も履修し、卒業単位とすることができます
(ただし指定科目のみ)。
ページトップへ