マンガ学部 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

マンガ学部は、次の条件を満たした学生に学士の学位を授与します。
1)
総合的な表現として、新しいコミュニケーションとして、マンガが占める社会的、国際的な地位とその先端性を深く理解し、マンガ文化のさらなる発展とたゆまぬ革新に取り組む姿勢を身につけていること。
2)
学科・コースにおける体系的学習と学部共通カリキュラムの多面的履修とを通して、多様な課題を発見する知識、表現するスキル、発信する能力を身につけていること。
3)
(主体的な学び)+(カリキュラムの組織的な体系)
「実技」「演習」「講義」での学習や授業外での学修、卒業制作・論文の作成を通して、批判的・論理的思考力、課題探求力、創造力、コミュニケーション能力などを総合する力を身につけていること。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

マンガ学部は、次の方針で教育課程を編成し、実施します。
1)
マンガ学部の学問と技術に関する理解力、思考力、実践力、表現力を養い、技能と感性を開発するために、質量ともに十分な授業を配置し、丁寧かつきめ細かな指導を実施する。
2)
学科・コースごとに専攻分野の専門家として必要不可欠な技術と知識を修得させる科目を設け、学年進行に応じて体系的に配置する。
3)
コミュニケーション力と異文化理解力と情報リテラシーを育成するために、外国語や情報通信技術に関する科目の履修を必修とする。
4)
他分野の技術や学問との融合や産学協同により、マンガの機能を創発する授業を実施する。
5)
専攻分野を超えて、マンガに関する幅広い分野の技能と学智を養い、実践力と応用力を高めるために、デジタル、マンガ技法、キャリア形成、専門理論に関する4つの科目群から構成される学部共通科目を設ける。
6)
大学における学修の集大成として、個性を尊重した指導のもとに卒業制作・論文を課す。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

マンガ学部は、次の条件を満たす人材を入学者として求めます。
1)
マンガ学部の学問や技術を学修するうえで必要となる基礎的な技能、学力、感性を有する人。
2)
マンガやアニメーションに高い関心と探究心を持ち、専門性を支える表現力、構想力、創造力、鑑賞力、教養を高めたいと考える人。
3)
マンガ文化の発展に寄与し、地域社会への貢献、国際社会での活躍を志す人。

学部共通科目のポリシー

1)共通科目のカリキュラムポリシー
マンガの制作に必須な技術を基礎から反復的に修得させる科目を設置する。
マンガやアニメーションの制作に必要な発想力を鍛え、企画力を養う科目を設置する。
基本的なスキルから新生テクノロジーまでを含む、デジタル表現技術を実践的に学ばせる科目を設置する。
大量で複雑な情報を的確に処理し、効果的に伝達する能力を養うICT科目を設置する。
コース・学科における専攻分野を超えて、関心のある科目を幅広く履修し、多角的な視点を養うことを奨励する。
コース・学科を超えた教員および学生間の交流を促し、多様な価値観に触れる機会を提供する。
個々人のニーズを尊重し、自発的な学びの姿勢を育成することで、多様な表現への挑戦と新たな創造を活性化する教育を展開する。
身につけた専攻分野の技術と知識を、卒業後の進路や実社会の要請に応じて統合・活用する上で効果的な指導を行う。
問題解決能力、総合的判断・批判力、幅広い教養を養うために、理論系科目を設置する。
2)共通科目のディプロマポリシー
共通科目の多面的な履修を通して、マンガ表現の多様性とマンガ研究の学際性を理解し、表現の幅と選択肢を広げるための能力を身につける。
コース・学科における専攻分野の学習とコース・学科を横断する共通科目の学習の両立を通して、自分のやりたいこととなりたいものを見つけ、実現するために自らをマネジメントする能力を身につける。
学んだ技術と知識を社会的ニーズに応じて活用する能力と、効果的に伝えるコミュニケーション能力を身につける。
ページトップへ