京都精華大学TOP > 学部・大学院 > マンガ学部 > マンガプロデュースコース


  • 映画やテレビドラマの原作として実写化されるなど、近年、マンガが注目されるシーンは広まり、業界を支える人材の需要も高まっています。
    マンガプロデュースコースは、マンガ家とタッグを組んで作品をつくり上げる編集者、マンガ家のパートナーとして物語を考えるマンガ原作者やライトノベル作家など、マンガの描き手以外の「マンガをつくる人」を育てる日本で唯一のコースです。
    魅力的なマンガを生み出すためには、発想力と企画力、そして実践力が必要です。マンガの構成を知り、ネーム(マンガの設計図)をつくる方法や、読者をワクワクさせるストーリーづくり、マンガのおもしろさを文章やビジュアルで伝える手法を学び、おもしろいマンガを生み出すための総合力を身につけることで、未来のマンガ業界をあらゆる角度から支えていく人材をめざします。

4年間の学び

  • マンガプロデュース1年次
    • 1年次●
    • マンガをつくるための基本を身につける。
  • 1年間を通して、マンガの構造を知り、物語づくりの基礎を習得します。編集の授業では、プロのマンガ家が作成したシナリオやネームをもとに、マンガの構造や仕組みを学びます。また、原作の授業では、実際に物語を創造し、シナリオやネームを制作していきます。一方で、Photoshop、Illustrator、InDesignなどデジタルスキルを身につけるのも1年次の課題。企画の意図をわかりやすく伝えるネームやラフをつくるためのデザインやレイアウトの基礎知識を身につけます。

1年次で身につく力

●物語をおもしろくするための構成力と発想力
●ネームやラフをつくるためのデジタルスキル

  • マンガプロデュース2年次
    • 2年次●
    • 読者を意識した企画力をやしなう。
  • マンガはマンガ家がひとりでつくるものと思われがちですが、じつは多くの人が関わってつくっていくもの。実際の仕事と同じようにグループで打ち合わせを重ね、より読者を意識したマンガをつくり上げます。2年次の編集の授業では、プロの現場でも通用する作品や雑誌の企画立案に取り組み、デジタルスキルを活かしてポスターや冊子を作成。より実践的なスキルを身につけていきます。原作の授業では、ライトノベル技法によるマンガ原作の創作を通して、キャラクター設定や世界観を深める力をみがきます。

2年次で身につく力

●企画意図を他者へ伝える力
●自分の作品を客観的にとらえる力

  • マンガプロデュース3年次
    • 3年次●
    • マンガをプロデュースする経験を積む。
  • 3年次は、少人数のゼミクラスでの授業と学部共通科目の履修が中心になります。ゼミの内容は、ライトノベルやマンガ原作の制作、マーケティング、マンガ論など。めざす進路や深めたい分野に応じてゼミを選択します。たとえば、マンガ原作を制作するゼミでは、キャラクターデザインコースの学生とタッグを組み、商品化できるクオリティをもった雑誌の制作をめざします。1~2年次で学んだ原作力と編集力をもとに社会を意識した作品をつくり上げていきます。

3年次で身につく力

●マンガ雑誌を企画編集できる実践力
●社会やマーケットを意識して作品をプロデュースする力

  • マンガプロデュース4年次
    • 4年次●
    • 作品を社会へ通用するクオリティへ高める。
  • 編集やマンガ原作、ライトノベルなど、これまで学んだことを活かし、個人やグループで卒業制作に取り組みます。最終的な目標は社会で通用するクオリティに仕上げること。マンガ雑誌を企画編集したチームは、コンセプトの立案から作画の依頼、構成、編集までを行い製本して出版を果たしました。多くの人の心に響くマンガとはどういうものか考え、追求してきた4年間。身につけた企画力や発想力、そして編集力はさまざまな分野で活かされる武器となります。

4年次で身につく力

●コンテンツを多角的にプロデュースする力
●マンガの可能性を引き出す力

卒業後の進路 各学部の進路

編集者や原作者としての活躍はもちろん、ライトノベルやゲームなどのエンタテインメント業界で力を発揮できます。ほかにもデジタルスキルを活かして、Webの制作者やクリエイターになるケースも。読者を惹きつける構成や、編集会議の手法、出版業界やメディアの動きを詳しく学んだことが活きるのです。

  • ● 人気マンガを生み出す編集者
  • ● マンガ家とタッグを組む原作者
  • ● ライトノベル作家やシナリオ作家として活動
  • ● Webでマンガを企画、配信する

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ