京都精華大学TOP > 学部・大学院 > マンガ学部 > ギャグマンガコース


  • ページを開いた瞬間につい笑ってしまう。そんな風にギャグマンガは読者にストレートに笑いを伝える表現で す。意図したとおりに読者を笑わせるためには、社会の常識や価値観を理解したうえで、それをひっくり返す笑いのセンスや個性的な絵のスタイルを身につけることが必要です。
    ギャグマンガコースでは、どうすればマンガで人を笑わせることができるのか、そもそも「笑い」とはどのように成り立っているのか、その方法論を学び、自分だけの笑いの表現を追求していきます。同時に、独自の画風や線を手に入れるために、クロッキーやデッサンで画力をきたえ、さまざまな技法で描くことにも挑戦します。
    誰にも真似できないギャグセンスと画風をみがき、人を楽しませ、世の中を明るくするギャグマンガ家へ。そんな夢をかなえられる舞台がギャグマンガコースには広がっています。

4年間の学び

  • ギャグマンガ1年次
    • 1年次●
    • 「笑い」の構造を知り、基礎と発想力をみがく。
  • 1年次の前期は、デッサンやクロッキーの授業で人、物、風景などを観察し描く力をきたえながら、オリジナルの線や絵柄などをみつけていきます。また、マンガはもちろん、映画や演劇、コントなど、あらゆる「笑い」の表現を実際に鑑賞。さまざまな「笑い」の構造を知り、分析することで「笑い」についての基礎知識と柔軟な発想力を身につけます。後期の最後には、身につけた力を活かして個性的なキャラクターを創造し、8ページのマンガを制作。ネームから仕上げまでマンガ制作の工程を実践的に学びます。

1年次で身につく力

●人を笑わせるための発想力とそれを表現するための基礎画力
●個性的なキャラクターを創造しマンガをつくる力

  • ギャグマンガ2年次
    • 2年次●
    • オリジナルの画風をみつける。
  • 2 年次はネームや模写の課題を繰り返し、連載作品をこなせる基礎体力、計画力、持続力をやしないます。また、墨絵やコラージュ、版画などペンを使わない表現技法にも挑戦し、オリジナルの画風を追求。同時にデジタルソフトでのマンガの描き方やWebサイト、ソーシャルメディアでの作品発表など、これからのマンガ制作に必要なデジタルスキルも習得します。。後期には、自分で撮影した写真をもとに、8~12ページのストーリーを考え、作品を制作します。

2年次で身につく力

●創作をつづけるための計画力と持続力
●Webで作品を制作・発表するためのデジタルスキル

  • ギャグマンガ3年次
    • 3年次●
    • 少人数のゼミでプロデビューをめざす。
  • 3年次からはテーマや関心に沿った少人数ゼミを選択し、教員の指導のもと作品を数多く描き、完成度を高めていきます。2年次までと大きく異なるのは、与えられたテーマで描くのではなく、自分でテーマを設定すること。表現したいことや描きたい内容を自分で自由に考え、得意な画風や作風をみがいていきます。また、出版社への投稿や持ち込みを積極的に行うほか、授業で制作したマンガをWebサイトで発信するなど、読者を意識した実践的な作品づくりに取り組みます。

3年次で身につく力

●自分のテーマで作品をつくる力
●読者を意識した作品をつくる力

  • ギャグマンガ4年次
    • 4年次●
    • 一目で読み手を惹きつけ、笑わせる作品を制作。
  • 3年次から引きつづき、ゼミをベースに卒業制作に取り組みます。卒業制作は京都国際マンガミュージアムに展示されます。自分の作品を冊子にして展示する人もいれば、一目でみる人の心を惹きつける大きな作品を制作する人も。ギャグマンガはもちろん、コントや漫才の脚本、コメディ映像など人を笑わせる力のあるものであれば表現形式は問われません。これまでに学んだことをいかにかたちにして発表するか。一人ひとりが個性をぶつける卒業制作は、さまざまな進路への足がかりとなります。

4年次で身につく力

●一目で読者の心をつかむ作品をつくる力
●自分の個性を社会へ発信する力

卒業後の進路 各学部の進路

常識や価値観をひっくり返して笑いを取る技術はマンガに限らず、舞台やテレビ、映画、広告のコピーなどに幅広く応用が利き、それに応じた進路があります。さらにはWebサイトづくりとコンテンツづくりの両方を学ぶことで、Webで作家活動を行うこともできます。

  • ● コミック雑誌で活躍するギャグマンガ家に
  • ● 発想力、構成力をもったマンガ原作者になる
  • ● 笑いを武器に放送作家、構成作家として活躍
  • ● 新しいメディアを生み出すプロデューサーに

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ●中学校教諭一種免許状 (美術)
  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ