共通基盤科目

精華の大学院では、芸術・デザイン・マンガ・人文学という4研究科を横断する「共通基盤科目」を設置しています。
文化・社会・芸術の諸領域に関わる問題を深め、発想法を学ぶ「知的創造特論」、表現の根本となる思想や問題を学ぶ「表現特論」のほか、 研究内容を社会に展開するプロジェクトを企画、運営する「プロジェクト企画演習」など、多彩なプログラムが用意されています。また、「学術論文演習」や「原書講読」といった科目により、学術論文の読み解き方や書き方といった学術研究の基礎力を身につけます。
これら共通基盤科目によって、すべての研究科に共通して必要となる理論やスキル、発想力などを修得することができます。

知的創造特論

「ソーシャルアートとコミュニティアート」
芸術と社会デザインの統合、革命と連動した芸術運動、芸術を通じた無意識の解放、日常とアートの結びつき、アートによるコミュニティの創造など、芸術の社会的な次元について考察する。

表現特論

「表現をめぐる文化・思想・運動」
現在を特色づけている文化、思想、運動などを解剖することで、自分の表現がどのような文化的、社会的状況にあるかを理解する手助けとする。

プロジェクト企画演習

「よい企画を立案するための多面的な視点と方法」
マンガ・アニメーションのキャラクターグッズ制作の企画を通して、プロジェクトを計画的・体系的に推進するための多面的な視点を養い、具体的な方法論を学ぶ。

プロジェクトワーク演習1

「都市とポピュラー文化」
横浜、東京、京都、ロンドン、パリといった都市における視覚文化や聴覚文化を手がかりに、都市文化の諸問題や可能性について考える。授業では、マスメディア、マンガ、音風景など幅広い問題を、それぞれの分野を専門とする教員によるリレー講義で扱っていく。

プロジェクトワーク演習2

「『日本の文学』『日本のことば』『日本の文化』を知る」
人間は「はなし」かつ「かく」存在であり、その人間の存在の原点についての理解を進めるために「日本の文学」「日本のことば」「日本の文化」を知る。

プレゼンテーション演習

「わかりやすく伝えるためのコミュニケーション技法」
自己の専門や専門外の人にもわかるようにプレゼンテーションする基礎的な能力を養う。

学術論文演習1

「『論文を読む』とは、どういうことか」
学術論文の構造を理解し、論理的な文章を書けるようになることを目標とし、複数の論文を読み、その内容を要約する。各自の要約内容を比較し、その相違点についても討論を行う。

学術論文演習2

「学術論文を読み、書くための基礎知識と思考方法」
論文の輪読や、グループによる論文の構成演習などを通じ、学術論文を読み、書くにあたって必要となる構成や記述の形式を理解し、論理的な思考方法を身につける。

原書講読1(英語)

「英語文献を読みこなし、使いこなす1」
英語の学術文献をテキストに、文章や段落ごとの意味の把握や、文法的な構造をとらえることで、理論的に英語の文章を理解する。

原書講読2(英語)

「英語文献を読みこなし、使いこなす2」
「原書講読1」で学んだ英語の文章の理解を踏まえて、読み解いた内容を実際に研究に活かすために、日本語の文章で的確に表現する。

ページトップへ