柳沢 菜々 alt=

柳沢 菜々

YANAGISAWA Nana

人文学部 総合人文学科 歴史専攻
専門分野
日本古代史 / 社会経済史

経歴・業績

1985年生まれ、長野県出身。2014年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)。論文に「古代の園と供御蔬菜供給」「律令国家の山野支配と家産―「林」を手がかりとして―」「令制官田の特質―八世紀に おける天皇の家産をめぐって―」など。

メッセージ

今から約1300年前、日本の首都は奈良にありました。そのおよそ100年後、都は京都へと遷ります。この奈良の都―「平城京」と、京都の都―「平安京」の時代、都やその周辺に住んでいた人々は、どんなものを着て、何を食べ、どんな家に住み、どんな仕事をして、どんな遊びをして毎日を過ごしていたのか…?歴史書の記述や当時の貴族の日記、発掘調査によって得られる資料をもとに、日本の古代に生きた人々の姿に迫ってみましょう!
ページトップへ