矢作 俊彦 alt=

矢作 俊彦

YAHAGI Toshihiko

人文学部 総合人文学科
専門分野
文芸創作

経歴・業績

神奈川県横浜市生まれ。1972年 ハードボイルド短編小説『抱きしめたい』(ミステリマガジン)で小説家デビュー。70年代を通じ短編小説、マンガを手掛けるほか、ラジオ・TVドラマの構成作家としても活躍。77年には長編小説『マイク・ハマーへ伝言』で注目を集める。82年大友克洋氏との合作コミック『気分はもう戦争』がミリオンセラーに。98年『あ・じゃ・ぱん!』で第8回Bunkamuraドゥマゴ文学賞、2004年『THE WRONG GOODBYE―ロング・グッドバイ』で第23回日本冒険小説協会大賞、同年『ららら科學の子』で第17回三島由紀夫賞を受賞。そのほかの著書に『悲劇週間』『引擎/ENGINE』『フィルムノワール/黒色影片』、マンガ作品『少年レボリューション―ダディ・グース作品集』(ペンネーム:ダディ・グース)などがある。

メッセージ

「人生、なめるな」と若者なら一度は言われたことと思う。
人生なめてかかっていいと私は考えてきた。大いになめてかかっていい。
準備などしなくてもいい。アスリートになるわけでなし、人生に準備体操などいらない。ただ始めたらやり続けること。ひたすら真摯に取り組むこと。なめてかかって諦めずに真摯にやり続けることだ。
 と、この年になるまで人生に後悔などせず来たことを、いまさらに後悔している私はおすすめする。

作品・著書・研究活動など

ページトップへ