渡邉 英之 alt=

渡邉 英之

WATANABE Hideyuki

芸術学部
専門分野
教育哲学

経歴・業績

同志社大学哲学専攻博士課程満期退学。主な論文に、「学校論の転換-シュタイナー学校の試み-」(『現代教育学のフロンティア』)、「ハイデッガーにおける現象学的自由論」(『京都精華大学紀要』)、「現象学の真理論-フッサールによる超越論的基礎づけの試み-」(『現代哲学の真理論』)など。

メッセージ

哲学のテーマとしては時間性の謎が、教育哲学としては心と存在変容の可能性が主要な関心テーマです。要は研究よりも哲学探究の醍醐味、教育学研究の妙味。ためよりも面白さを重視、でしょうか。キーワードは間を繋ぐメディア性。光と闇、表と裏、内と外、メインとサブ、分別と無分別との間を繋ぐ。探究の問いなら、謎と疑問:鏡の色は何色か?子供が大人になることのたえざる変容の謎。それに絡めていくつかのおすすめ。小説に耽溺すること。ドストエフスキー、『ユービック』ディック、『妖精たちの森』エリアーデ、『富士日記』武田百合子など。ついでにハルヒ、ギャグマンガ日和、クレイモアなど。おまけとして、ねこと自転車、ってこれはたんなるマニアックな趣味です。哲学や教育への関心だけではなく、風変わりなセンスをお持ちの方、いつでも歓迎します。
ページトップへ