竹宮 惠子 alt=

竹宮 惠子

TAKEMIYA Keiko

マンガ学部 マンガ学科 ストーリーマンガコース
大学院 マンガ研究科
専門分野
マンガ

経歴・業績

1950年徳島県生まれ。67年『COM』(虫プロ商事)に「ここのつの友情」を投稿し、月例新人賞に佳作入選。68年、『週刊マーガレット』(集英社)の新人賞に佳作入選した「リンゴの罪」でデビュー。代表作「風と木の詩」「地球へ...」で小学館漫画賞受賞。両作品は共にアニメ化されている。また、少女マンガだけでなく少年マンガや企業マンガなど様々なジャンルで活躍。文章では理解しにくい情報をマンガで描く「機能マンガ」や、後世に伝えるために史料性の高い極めて原画に近い複製を制作するプロジェクト「原画ダッシュ」の活動などを行っている。2014年紫綬褒章受章。内閣官房知的財産戦略本部員、中央教育審議会委員。


Born in 1950 in Tokushima Prefecture. In 1967, Takemiya submitted "Kokonotsu no yujo" [Nine Friendships] to COM magazine (Mushi Pro) and received a Newcomer Award. In 1968, she debuted in Weekly Margaret (Shueisha) with the award-winning story "Ringo no tsumi" [Apple's Sin]. Her most outstanding manga series "Kaze to ki no uta" [Poem of Wind and Tree] and "Terra e" [To Terra], both created for publisher Shogakukan, were adapted into OAV and TV animation series respectively. Takemiya has worked in a variety of genres, including shôjo as well as shônen manga and even company comics. Her current activities also include "Functional manga," which present information that is too difficult to understand in text-only format, and the "Genga' (dash)" project, in which original artwork of special historical importance is reproduced as close to originals as possible for future generations. In 2014, she was awarded the Medal with Purple Ribbon. She currently serves as a member of the Strategic Council on Intellectual Property, Prime Minister of Japan and his Cabinet, and the Central Council for Education.

メッセージ

マンガを教え始めて15年になるが、多くの学生が意外にストーリーマンガの基本を知らずにマンガを描いていることを知り、計画的に教えていかなければ大学時代の4年間では充分にマンガ界の実際を理解することは不可能だと思った。少しずつカリキュラムを整理・手直ししながら、学生たちの現状を反映して今の形が出来てきた。入学して来たときには講師とはまったく共通のマンガ知識がない感じがしても、卒業するときには講師と対等にマンガの話が出来る、そんな形を目指して講師たちは指導しているはずである。卒業後、プロのマンガ家として一線に立たなくても、良いマンガの使い手になって欲しい、それが私の望みである。

作品・著書・研究活動など

ページトップへ