佐藤 守弘 alt=

佐藤 守弘

SATOW Morihiro

デザイン学部
大学院 デザイン研究科
専門分野
芸術学 / 視覚文化論

経歴・業績

コロンビア大学大学院修士課程修了。同志社大学大学院博士後期課程退学。博士(芸術学)。芸術学・視覚文化論専攻。著書に『トポグラフィの日本近代―江戸泥絵・横浜写真・芸術写真』(青弓社)、『記憶の遠近術~篠山紀信、横尾忠則を撮る』(共著、芸術新聞社)など。最近の論文に「産業資本主義の画像=言語――写真アーカイヴとセクーラ」(『PARASOPHIA京都国際現代芸術祭2015[公式カタログ]』)、「キッチュとモダニティ――権田保之助と民衆娯楽としての浪花節」(『大正イマジュリィ』)など。翻訳にジェフリー・バッチェン『写真のアルケオロジー』(共訳、青弓社)など。2012年、芸術選奨新人賞(評論等部門)受賞。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/b-monkey/

メッセージ

私の研究している領域は、視覚文化論(ヴィジュアル・カルチャー・スタディーズ)と呼ばれるもので、絵画などのいわゆる「美術」にとどまらず、さまざまな視覚的イメージを幅広く研究する学問です。私はとくに、風景写真や遺影写真など、私たちの身近にある視覚的イメージが、社会のなかでどのような機能を果たしているのかについて研究しています。担当している講義でも、写真、ピクトグラム、広告など、さまざまな視覚的イメージを採りあげ、私たちが視覚的イメージとどのようにつきあい、それらからどのように意味を読み取っているのかを受講生とともに考えていきたいと思っています。

作品・著書・研究活動など

ページトップへ