佐藤 敬二 alt=

佐藤 敬二

SATO Keiji

デザイン学部
大学院 デザイン研究科
専門分野
伝統産業論 / デザイン史・デザイン論 / 工芸史・工芸論 / インテリア・プロダクトデザイン

経歴・業績

京都市立芸術大学卒業。漆・木・竹・金属・陶器など自然素材を使った生活用品の企画とプロダクトデザイン、デザイン評論を手がける。
分野は伝統産業、素材と技術、工芸史、近代京都の工芸と「神坂雪佳」研究、京漆器、京指物、京銘竹・竹工芸、金工、京焼・清水焼のデザイン研究。
著作『京のかたちと文様の事典』(PHP研究所)ほか。
京都府美術工芸ビエンナーレ審査委員長、伝統工芸指定産地委員(審査員)、国民文化祭京都2011「暮らしの文化展」展示委員、現在みやこめっせ伝統産業振興センター理事、京都花灯路デザインコンテスト審査員、ソフィア京都新聞文化会議メンバー、京都伝統フォーラム役員、祇園祭山鉾装飾品等審議会委員など。意匠学会副会長、日本デザイン学会幹事。その他所属学会は民族藝術学会・茶の湯文化学会・日本産業技術史学会、京都市立芸術大学美術教育研究会。
その他「琳派400年紀」関連など講演多数。

メッセージ

竹材で家具のデザインをしています。実技では産学連携の課題を、意匠論や、素材論は実作に役立つよう努めています。

作品・著書・研究活動など

ページトップへ