さそう あきら alt=

さそう あきら

SASOU Akira

マンガ学部 マンガ学科 ストーリーマンガコース
大学院 マンガ研究科
専門分野
マンガ

経歴・業績

1961年兵庫県生まれ。84年、「シロイシロイナツヤネン」(『ヤングマガジン』、第11回講談社ちばてつや賞大賞)でデビュー。代表作には音楽をテーマにした「神童」(『漫画アクション』、97~98年)があり、99年に第2回文化庁メディア芸術祭優秀賞および第3回手塚治虫文化賞をダブル受賞し、2007年に映画化。小学校5年生の妊娠、出産という衝撃的な内容で話題を呼んだ「コドモのコドモ」が映画化、言葉を知らない少年を描く「トトの世界」がNHKでドラマ化されるなど、マンガに留まらない注目を集めている。09年、第12回文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞の「マエストロ」は映画化され、15年1月に公開された。


Born in 1961 in Hyogo Prefecture.Debuted in 1984 with "Shiroi shiroi natsu yanen" (Young Magazine, 11th Grand Chiba Tetsuya Prize, Kodansha). One of his representative works is "Shindo" [The Prodigy] (Manga Action, 1997-1998); it received both the 2nd Media Arts Award Excellence Prize (by the Agency of Cultural Affairs) and the 3rd Tezuka Osamu Cultural Prize, and was adapted into a movie in 2007. His stories transcend the realm of manga, as is indicated by the film version of his "Kodomo no kodomo" [A child's child], which received a lot of attention for its daring issue of child pregnancy, that is, a 5th grade elementary school student who gives birth to a baby, as well as the NHK TV drama "Toto no sekai" [Toto's world], a story about a boy who doesn't know any language. In 2009, he received another Media Arts Award Excellence Prize for "Maestro". Since 2006 he has been active as a full-time professor of the Faculty of Manga at Kyoto Seika University.

メッセージ

この大学のキャンパスにいるときは一流の漫画家ではなくて一流の教師をめざして精進いたします!

作品・著書・研究活動など

京都精華大学オープンキャンパス2017 京都精華大学オープンキャンパス2017
ページトップへ