西谷 真理子 alt=

西谷 真理子

NISHITANI Mariko

ポピュラーカルチャー学部 ポピュラーカルチャー学科 ファッションコース
専門分野
ファッションメディア / 編集

経歴・業績

東京都立大学人文学部フランス文学科卒業。1974年文化出版局に入社。『装苑』、『ハイファッション』などの編集部に在籍。80~82年パリ支局勤務。2011年退職後、「ハイファッション・オンライン」のチーフエディター(~12年)。10~11年まで、後藤繁雄主宰のSuper School「ファッションを記述する」で講師を務める。11年秋に東京オペラシティで開催された「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」展共同キュレーターを務める。

編著:

  • 『感じる服 考える服:東京ファッションの現在形』(以文社 2011年)
  • 『ファッションは語りはじめた』(フィルムアート社 2011年)
  • 『相対性コムデギャルソン論』(フィルムアート社 2012年)

寄稿:

「問い続ける人、森永邦彦。――アンリアレイジを森永の言葉から読み解く試み」 『A Real Un Real Age』所収(パルコ出版 2012年)
「Invasive Species: Louis Vuitton in Japan(原題:ルイ・ヴィトンという名のパンドラの匣)」『Louis Vuitton City Bags: Histoire Naturelle』所収(Rizzoli 2013年)
「「和」から新しい衣服言語へ。――コム・デ・ギャルソンと新井淳一と『民族衣裳と染織展』」 『私の服は誰のもの?』所収(アーツ前橋カタログ、BNN新社 2014年)
「英国のLegend Designers」(『エル・ジャポン』2015年8月号、アシェット婦人画報社)
「私的スタンダード論」(『アンド・プレミアム』2015年11月号、マガジンハウス)
「ミナ ペルホネンの特異性」(『Casa Brutusムック 皆川明とミナ ペルホネン』2015年10月発売、マガジンハウス)
「改めて、ディオールのすごさについて考える」(2014年12月、「Think of Fashion」でのレクチャー)
「妄想のバレンシアガ」(2015年12月、「Think of Fashion」でのレクチャー)

メッセージ

ポピュラーカルチャー学部のファッションって?この未知の切り口に、ファッションの可能性を感じます。服飾専門学校とも、大学の家政学部や芸術、デザイン学部のファッションとも違うなにか。私の場合は、「編集」という方法を拡張すべく、日々奮闘しています。

作品・著書・研究活動など

ページトップへ