西野 公平 alt=

西野 公平

NISHINO Kohei

マンガ学部 マンガ学科 キャラクターデザインコース
専門分野
マンガ / デジタルコンテンツ

経歴・業績

『週刊少年サンデー』(小学館)でデビュー。以後『月刊少年サンデー』(小学館)、『月刊少年ジャンプ』(集英社)、等の雑誌でマンガを発表するかたわら、小説の挿画、劇場アニメーション映画『ガンダムF91』の設定協力、Webアニメーション制作などマルチな活動を展開。国土交通省、特許庁、京都のれん会、NTTなど、多くの組織・企業にアニメーションやマンガを提供。2001年、経済産業省の支援事業でWebアニメ制作。02年、新潮社主催「第1回 世界漫画愛読者大賞」を受賞。03年、マンガとデジタルコンテンツの2部門3作品で平成15年度文化庁メディア芸術祭審査委員推薦作品に選ばれる。アメリカ、中国、イタリア、デンマーク、韓国、ロシアなど世界各地でマンガ講演、ワークショップを行っている。 近年は西野つぐみとのユニットネーム「この花さくや」名義で作品を発表。サイバーマンガと名付けるiPad、iPhone用次世代マンガアプリを研究、開発している。
2010年
iPhone、iPad用マンガアプリ「サイバーマンガ1号」をリリース
2011年
iPhone、iPad用アプリ「ゾンビくんおみくじ」リリース
2012年
学生サイバーマンガ作品集「サイバーセイカ2011」リリース
2013年
学生サイバーマンガ作品集「サイバーセイカ2012」リリース
2014年
文部科学省「成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業」アニメ・マンガ人材養成産学官連携事業 委員
2015年
iPhone、iPad用アプリ「キャラデノ 2014」(マンガ学部キャラクターデザインコース学生作品集)リリース

メッセージ

ネットやスマホはエンターテインメントの世界を大きく変えました。マンガ、アニメ、ゲーム etc、全てのコンテンツはネットで拡散し、視聴される形態に変わりつつあります。もはやPCは「イラストを描くための画材の一つ」ではなく「アーティストの自己表現のすべてを担う非常に重要なツール」へと変貌したのです。
これから本学で学んでいく学生は「デジタルやネットで作り、デジタルやネットで楽しむ」デジタルネイティブなアーティストを目指してもらいます。そこにはデジ絵だけではなくハイクォリティの音楽、個人出版、アニメ制作、ゲーム制作など、あらゆる可能性があります。
重要なのはあなたの想像力です。そしてそれを実現する技術と熱意です。
私はそんな学生達の夢を叶えるお手伝いをしたいと思っています。

作品・著書・研究活動など

ページトップへ