京都精華大学TOP > 学部・大学院 > 教員紹介 > ナイジェル・ケーボン


ナイジェル・ケーボン alt=

ナイジェル・ケーボン

Nigel CABOURN

ポピュラーカルチャー学部
専門分野
ファッション

経歴・業績

ファッションデザイナー。1949年、イギリス生まれ。自身のブランド「Nigel Cabourn」を手がける。71年、大学生時代に自身のブランドを旗揚げ。ビンテージのミリタリー、ワーク、スポーツ、アウトドアウェアの世界的に有名なコレクターでもあり、4,000点を越えるビンテージコレクションからインスパイアされたデザインが特徴である。製品の取扱先は、ロンドンのフラッグシップショップ、日本のショップ6店舗以外にも、イギリス、ドイツを初めとするヨーロッパ、北米、オーストラリア、韓国や日本を初めとするアジアなど計30カ国以上に渡る有力なセレクトショップで展開。イギリスを中心に生産するAUTHENTIC LINE、日本を中心に生産するMAIN LINEで構成されるが、AW15に立ちあげたワークウェアをベースとしたセカンドライン「LYBRO」にも注目が集まっている。

www.cabourn.com
www.cabourn.jp

メッセージ

ファッションデザイナーとしての哲学を、これからファッションの世界に入るみなさんに伝えたいと思います。私のデザインへのアプローチのしかたは、実際の新聞記事、過去の歴史からインスピレーションを得るというものです。たとえば、人類のエベレスト初登頂は1953年ですが、20年代にジョージ・マロリーというエベレスト登頂をめざした登山家がいました。彼は頂上付近で行方不明になってしまい、彼が登頂を果たしていたかどうかはいまだ謎のままです。その人物の人生や、当時の文化についての文献や資料をひも解き、当時着ていたであろう服装や装備の機能性にイマジネーションを働かせることから、私のシーズンのコレクションテーマは生まれます。これは、若者たちが得意とするインターネットからは得ることのできないインスピレーションです。授業では、実際に私のコレクションの仕事を紹介し、アイデアやデザインがどのように生まれ、構成されているか、といった流れを解説しながら、底辺に一貫して流れるデザイナーとしての考えを伝えたいと考えています。

作品・著書・研究活動など

ページトップへ