中村 裕太 alt=

中村 裕太

NAKAMURA Yuta

芸術学部
専門分野
現代美術 / 工芸文化論

経歴・業績

1983年東京生まれ、京都在住。2011年京都精華大学芸術研究科博士後期課程修了。博士(芸術)。博士論文「郊外住居工芸論―大正期の浴室にみる白色タイルの受容」。〈民俗と建築にまつわる工芸〉という視点から陶磁器、タイルなどの学術研究と作品制作を行なう。最近の展示に「六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト―来たるべき風景のために」(森美術館、13年)、「第8回アジア・パシフィック・トリエンナーレ」(クイーンズランド・アートギャラリー|ブリスベン近代美術館、15年)、「第20回シドニー・ビエンナーレ」(キャレッジワークス、16年)、「あいちトリエンナーレ2016」(愛知県美術館、16年)など。工芸を作り手の視点から読み解き、その制作の方法を探る教育プログラム「APP ARTS STUDIO」も運営している。

http://nakamurayuta.jp/
http://appartsstudio.tumblr.com/

メッセージ

日本において「工芸」という領域は、明治期に美術と工業の間で形成されました。そして、今日においてその言葉は、一つに職人の手による技巧的な美術工芸を意味し、もう一つに機械によって量産される産業工芸を意味しています。しかしながら、美術と産業に舵をきった工芸の近代化を俯瞰してみると、しばしば工芸という言葉に内包されていたはずの「生活」という視点が欠けていることに気がつきます。言い換えるならば、それぞれの土地の素材や技術によって作られ、使われてきた工芸品には、近代的な社会が見落としてきたものが潜んでいるのではないでしょうか。
私の制作は、そうした近代以降の土着的な文化を「民俗と建築にまつわる工芸」という視点から紐解いていくことを目的としています。特に、日本の近代化のなかで工芸の周縁に位置付けられてきた陶片やタイルに関心を向けています。

作品・著書・研究活動など

ページトップへ