中島 勝住 alt=

中島 勝住

NAKAJIMA Masazumi

人文学部 総合人文学科 社会専攻
専門分野
多文化社会論 / 比較学校文化論

経歴・業績

京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。文化としての学校に関心があり、学校と地域、学校建築、学校統廃合、学校と差別などを研究している。最近は小さなコミュニティの存続可能性について考えている。それを「徒歩圏文化」と名づけ、主に「消滅の恐れがある」とされているような過疎化が進む農山漁村に可能性を見ている。とくに、そうしたコミュニティの学校が果たす機能や役割に注目する中で、「小さな学校の少人数教育」の実態を調査している。著書に『マンガで読み解くマンガ教育』(共著)、『むかし学校は豊かだった』(共著)、『学校の境界』(編著)、『反差別教育としての人権教育』『学校のモノ語り』(共著)、『多文化教育』(共著)など。

メッセージ

学校は本当に摩訶不思議なモノです。理解不可能なモノやコトで満ちあふれています。この理解不可能なモノ・コトの来歴を知ることによって、多少は不思議さが減りますが、それでも依然として次々に不思議は現れてきます。こんな学校を「地域」、「多様性」、「規範」、「まなび」、「建物」などをキーワードに徹底解剖してみましょう。そうすれば、これまでほとんど意識してこなかったモノ・コトがくっきりと像を結んだり、少しは「どうしてかな」と思っていたモノ・コトの不思議が解明されたりするでしょう。そうすれば、これまでとは違う学校の存在そのものについての理解が進むと思います。

作品・著書・研究活動など

ページトップへ