永田 純 alt=

永田 純

NAGATA Jun

ポピュラーカルチャー学部 ポピュラーカルチャー学科 音楽コース
専門分野
アーティスト・音源映像・イベントなどのプロデュース / 制作 / 広報およびマネージメント

経歴・業績

音楽エージェント/プロデューサー。1958年東京生まれ。下北沢/高円寺で過ごした70年代中頃よりコンサート制作等にかかわり、79~80年、YMOのワールド・ツアーに舞台スタッフとして同行。84年 坂本龍一アシスタント・マネージャーを経て、85年以降、矢野顕子、たま、大貫妙子、レ・ロマネスクらをマネージメント、細野晴臣、友部正人、野宮真貴、マルセル・マルソーらを代理した。プロデューサーとしては 東京メトロ、六本木ヒルズ、東急文化村、J-WAVE、世田谷文化財団等の主催公演、NHK「みんなのうた」、セサミストリート日本版テーマ・ソング、スタジオジブリ「ホーホケキョ となりの山田くん」サウンドトラック等にかかわる。また、オーディオ代理店、音楽出版等を手がけ、2011年秋に設立された“独り立ちするミュージシャンのためのパブリックサービス”一般社団法人ミュージック・クリエイターズ・エージェント代表理事を務める。有限会社スタマック代表、元・東京シュタイナーシューレ理事。著書に『次世代ミュージシャンのためのセルフマネージメント・バイブル』『次世代ミュージシャンのオンガク活動ハンドブック』。(文中敬称略)

メッセージ

京都精華大学ポピュラーカルチャー学部音楽コースは
音楽とわたしたちの未来を考え、
それを実現するコースです。

音楽を楽しむのに
莫大なお金をかけてCD をつくり、
テレビやラジオで宣伝して
売上枚数を競っていた時代は終わりつつあります。

代わって訪れているのは
音楽が限られた人々のものではなくなり、
意思あるすべての人々にチャンスが開かれている時代。
様々な人々が様々な形で音楽に関わり、
人と人、人と世の中を繋いでいく時代。
音楽そのものが敬われ愛されて、
みんなの財産として共有されていく、新しい時代です。

わたしたちは、
そんな時代の新しい音楽のあり方、世の中のあり方を
一緒に考え、形にしていくことを目指しています。

楽器が弾ける人も弾けない人も、歌を歌える人も歌えない人も、
バンドマンも、SSWも、ボカロPも、DJ も、トラックメーカーも、
プロデューサーやエンジニア、スタッフ志望の人も、
ライターやブロガー、イベント主催者も、大歓迎です。
音楽のある豊かで楽しい世界を、みんなで一緒につくりましょう。

作品・著書・研究活動など

ページトップへ