小松 正史 alt=

小松 正史

KOMATSU Masafumi

人文学部 総合人文学科 社会専攻
大学院 人文学研究科
専門分野
フィールドワーク技法 / サウンドスケープ論

経歴・業績

作曲家・ピアニスト・博士(工学)。1971年、京都府宮津市生まれ。明治大学農学部(農業土木・緑地学専修)卒業。明治大学大学院農学研究科博士前期課程(農業経済学専攻)修了。京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程(作曲専攻)修了。大阪大学大学院工学研究科博士後期課程(環境工学専攻)修了。博士(工学)。

音楽だけではない「音」に注目し、それを教育・学問・デザインに活かすためのノウハウをアドバイスする。学問の専門分野は、聴覚生態学と環境心理学。BGMや環境音楽を作曲し、ピアノ演奏も行う。水や風を連想させる透明な音色と即興演奏が特徴。原風景を感じる普遍的な音楽との定評がある。河瀨直美監督の映画作品をはじめ、多数の映像作品への楽曲提供や音楽監督を行う。また、京都タワーや京都国際マンガミュージアムをはじめとした公共空間の音環境デザインを行う。聴覚や身体感覚を研ぎ澄ませる音育(おといく)ワークショップも実践する。

著書に『音ってすごいね』(晃洋書房、2004年)、『京の音』(淡交社、06年)、『サウンドスケープの技法』(昭和堂、08年)、『みんなでできる音のデザイン』(ナカニシヤ出版、10年)、『サウンドスケープのトビラ』(昭和堂、13年)。共著に『小さな音風景へ』(時事通信社、97年)、『音楽文化学のすすめ』(ナカニシヤ出版、07年)、『保育と表現』(嵯峨野書院、15年)。

ピアノCDアルバムに『The Scene』(02年)、『Mahina』(04年)、『コヨミウタ』(05年)、『キョウトアンビエンス』(07年)、『うち水』(08年)、『Life』(09年)、『Innocence』(13年)、『キョウトアンビエンス 2』(14年)、『スターアンビエンス』(15年)、『イン・ザ・グリーン』(15年)、『キョウトアンビエンス 3』(16年)、『スクール・メモリーズ』(16年)、『パークアンビエンス』(16年)。

Webサイト http://www.nekomatsu.net/
Twitter https://twitter.com/masafumikomatsu
Facebook http://www.facebook.com/masafumi.komatsu

メッセージ

身近に漂う音。その奥深さに触れることは、人生を豊かにさせます。音を聴いて感じて発信する楽しさをともに味わいましょう。

作品・著書・研究活動など

京都精華大学オープンキャンパス2017 京都精華大学オープンキャンパス2017
ページトップへ