京都精華大学TOP > 学部・大学院 > デザイン学部 > プロダクトコミュニケーションコース


  • 朝起きて歯をみがく歯ブラシ、駅へ行くための自転車、学校まで乗る電車・・・。そんな毎日の暮らしを支える“もの” のデザインをプロダクトデザインと呼びます。
    こうした生活になくてはならない製品のデザインを通して、社会をより良く変える力をやしなうのがプロダクトコミュニケーションコースです。
    このコースが大切にしているのは、少し先の未来を想像すること。たとえば、今後さらに少子高齢化が進むといわれている日本で、介護する人、される人の両方が快適に安心して使える介護用品とはどのようなものか。今の製品に足りない要素とはどのようなものか。そうして発見した課題を解決するための新しいデザインこそが、人の暮らしをより豊かに便利にすることができるのです。

4年間の学び

  • プロダクトコミュニケーション1年次
    • 1年次●
    • 平面・立体の造形とデザインの基礎を学ぶ。
  • 1年次は平面・立体の基礎造形力を身につけます。アイデアをスケッチに起こし、紙を使って立体物をつくる授業や、製品のデザインに必要な製図や模型づくりを学ぶ授業などに取り組みます。また、漆や竹、京指物、鍛金などの伝統工芸にふれ、素材のもつ特質や加工技術を知る授業も。一方でPhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトの習得も1年次から行い、2年次からはじまる専門的な学びに向けて土台をしっかり固めます。

1年次で身につく力

● アイデアをかたちにするための基礎的な造形力と描画力。
● 素材に関する知識と加工の技術。

  • プロダクトコミュニケーション2年次
    • 2年次●
    • 本格的な製品デザインに取り組む。
  • 2年次からは本格的なプロダクトデザインを学習。まずは生活に身近なもののデザインに取り組みます。たとえば、加湿器、空気清浄機などの家電製品やキッチン、バス・トイレタリーなどを対象に新しいデザインを提案。日常生活のなかでそれらの製品が使われる状況を想像し、今抱えている課題を発見することからスタート。課題を解決するためのアイデアをかたちにしていく製品デザインのプロセスを実際の体験を通じて学んでいきます。

2年次で身につく力

● デザイナーに必要な視点や考え方。
● アイデアを製品にするまでの一連のプロセス。

  • プロダクトコミュニケーション3年次
    • 3年次●
    • 社会の課題を解決するデザインを学ぶ。
  • 3年次では関心や将来の進路に合わせてプロジェクト型の授業を選択し、専門性を深めます。たとえば、スポーツ用品デザインの授業では、次世代のテニスラケットやBMX(競技用自転車)などのデザインのほか、少し先の未来をみすえて、高齢者向けのスポーツ用品を考えることも。また、デザイン教育では日本初となるアイウェアデザインの授業は、眼鏡の産地、福井県鯖江市のトップメーカーが授業を運営。人間工学と道具の関係や素材、加工、プロモーションまで実践的に学ぶことができます。

3年次で身につく力

● より専門的な知識と技術。
● 利便性と美しさを兼ね備えたデザインを生み出す力。

  • プロダクトコミュニケーション4年次
    • 4年次●
    • 未来の社会をつくり出すものづくりを行う。
  • これまでに学んだ分野から、自分の追求したいテーマをつき詰め、卒業制作に取り組みます。たとえば、イルカの人工尾びれからプロダクトデザインに興味をもった学生は、大型犬用の義足を制作。犬にとってストレスにならず、飼い主にとっても使いやすいよう素材や装着方法を工夫しました。4年間で身につけたのは、使う人のことを考えた製品をデザインする力。課題を発見し、ものづくりによって解決していく。そのことが未来の社会をより豊かで快適なものに変えていくことにつながるのです。

4年次で身につく力

● 社会や人の暮らしから課題を見つけ、デザインで解決する力。

卒業後の進路 各学部の進路

プロダクトデザイナーとして大手企業で活躍する卒業生が多いプロダクトコミュニケーションコース。4年間で身につけた知識と技術が社会から高く評価されています。プレゼンテーションに力を入れているため、企画力、自己プロデュース能力が身についているのも、このコースの学生の強みです。

  • ● 家電、生活用品、眼鏡などの企業に所属する工業デザイナー
  • ● デザイン事務所に所属し、商品開発にたずさわる工業デザイナー
  • ● 企業の新商品戦略を考える商品企画担当者
  • ● 商品開発全体をコントロールするデザインディレクター
  • ● 市場動向の調査・分析などを行うマーケッター

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ●高等学校教諭一種免許状(工芸)
  • ●中学校教諭一種免許状 (美術)
  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ