ライフクリエイションコース 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

ライフクリエイションに必要な理論・知識を身につけ、平面系・立体系・企画系のデザイン的思考を理解し、演習を通して得た基礎的なスキルとその応用を企画~造形~実践等に活かし、幅広いライフクリエイションの専門分野を理解した上でデザインの総合力を社会に発信できること。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

「デザインする」ことの楽しみを知り、「住まいと暮らし(インテリアデザインと生活クリエイト)」のデザインを学ぶ。
平面と立体を繋ぐ事を特徴とし、京都に立地する大学として、「伝統」「先進」「環境」のDNAをデザインという行為の中に息づかせ、世界に発信する質の高い教育を目指す。
高いコミュニケーション力をクリエーション出来ること、空間や環境改善提案に加え、プロデュースやコーディネート能力を有する人材育成を目指す。
先端企業及び公機関との産官学連携授業に積極的に力を注ぎ、グローバルな視点からの知恵を具体的なカタチへ可視化する活きた教育に重点を置いた科目群を配置する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

広い世界観と優れた固有文化に深い関心を持ちあわせ、京都という土地で学ぶことに意義を見いだせること。
豊かな社会や身近な暮らしへの多岐にわたる興味を持ち、さらに専門性を高める意欲があること。
斬新なオリジナリティを志向し、なにごとにも積極的に取り組むことができること。
ページトップへ