京都精華大学TOP > 学部・大学院 > デザイン学部 > ライフクリエイションコース


  • 家具や照明、雑貨、商品パッケージ、絵本… 。わたしたちの生活に彩りをそえるそれらのものすべてが、ライフクリエイションコースの学びの対象。
    このコースでは、インテリアや店舗などの空間デザインから、DTPやエディトリアルデザイン、写真などの平面的なデザイン、地域の課題を解決するソーシャルデザインまでさまざまな分野を学んでいきます。また、1 年次から産学連携プロジェクトに取り組むことができるのも、このコースの魅力。生活に密接に関わる領域だからこそ、社会を意識したデザインを追求していきます。
    一方、伝統工芸の技法を学ぶ実習では、伝統や素材にふれることで、そこから生まれる新たなデザインを考える発想力や造形力をやしないます。
    幅広い領域を実践的に学び、自らの発想で人の暮らしを楽しく豊かにするデザイナーを育てます。

4年間の学び

  • ライフクリエイション1年次
    • 1年次●
    • 描写力と造形力を身につける。
  • 1年次は平面・立体の描写力と造形力を身につける1年間。「絵画基礎」の授業では、キャンパスの植物をモチーフに200枚ものスケッチに取り組み、観察力をきたえるとともにかたちや色を表現する力を身につけます。一方で、漆や竹、京指物、鍛金などの伝統工芸にふれる実習もあり、素材の特質と加工技術を職人から直接教わることができます。また、京唐紙の老舗と連携し、唐紙を使った新しい商品を企画提案する産学連携授業も。デザインの基礎を学ぶことと並行して、社会と関わりながら実践力をみがいていきます。

1年次で身につく力

● 基礎的な描写力と造形力。
● 伝統工芸の素材を扱う技術。

  • ライフクリエイション2年次
    • 2年次●
    • 産学連携プロジェクトで商品化をめざす。
  • 2年次では平面・立体のデザインの応用を学んでいきます。平面の授業はグラフィックデザインを中心に、立体の授業では自由な発想からデザインを考えていきます。たとえば、時計の新たなかたちを創造するという課題では、「時」というものをあらためて考えなおすため、長針と短針を使わない時計をデザイン。後期には企業と連携するプロジェクトに取り組みます。過去には老舗和菓子店と連携し、新しいギフトとしての和菓子を提案。実際に商品化された作品も生まれました。

2年次で身につく力

● 自由な発想をかたちにする力。
● 商品を企画し、デザインする力。

  • ライフクリエイション3年次
    • 3年次●
    • 将来の可能性を広げる専門的な学び。
  • 3年次では自分の将来の進路や興味・関心に合わせてプロジェクト型の授業を選択します。プロジェクトは、子ども用の家具デザイン、飲食店の内装デザイン、商品のパッケージデザイン、本のデザイン、文房具のデザイン、企業と連携したインナーウェアのデザインなど、どれもが実際の仕事を想定した課題ばかり。これらの授業を通して、自分が深めたいテーマを追求し、人の暮らしを豊かに楽しくするデザインを学んでいきます。

3年次で身につく力

● 将来の進路や興味にあわせた専門的な知識とスキル。
● 暮らしを豊かに楽しくするデザインを考える力。

  • ライフクリエイション4年次
    • 4年次●
    • 生活をより楽しく、豊かにする作品を生み出す。
  • ゼミに分かれて卒業制作に取り組みます。その準備段階として、対象となる社会や生活の調査と分析を行います。たとえば、ある学生は、タンザニアに調査に行き、人びとの暮らしを便利にするため、現地で手に入るタイヤなどの材料で水を運搬する仕組みをデザインしました。また、伝統木工芸の技術を今の時代に活かすため、現代的な桶をデザインした学生も。今の暮らしをみつめ、未来を考えることが作品づくりの第一歩になります。4年間をかけて追求してきたテーマをかたちにして将来へとつなげます。

4年次で身につく力

● 現代の社会や生活を調査・分析する力。
● 暮らしを楽しくするアイデアを社会へ提案する力。

卒業後の進路 各学部の進路

平面から立体までをデザインできる造形力や、パソコンによる製図、CAD、DTPなどのスキルを4年間で習得。同時に、新しい価値観やライフスタイルを提案できるプロデュース能力をやしないます。その結果、家具や照明、雑貨やブックデザインのデザイナーとして多くの卒業生が活躍しています。

  • ● 家具や照明のデザイナー
  • ● 雑貨やクラフトのデザイナー
  • ● 二級建築士の資格をもつインテリアデザイナー
  • ● パッケージやエディトリアルのデザイナー

取得できる資格

在学中、指定された科目単位を取得すれば、以下の資格を取得することが可能です。
その他、検定・資格取得のための支援講座も用意されています。

  • ●高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ●中学校教諭一種免許状 (美術)
  • ●二級建築士受験資格(卒業時に受験資格)
  • ●木造建築士受験資格(卒業時に受験資格)
  • ●図書館司書
  • ●博物館学芸員
ページトップへ