デジタルクリエイションコース 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

デザイン領域を中心に関連分野の幅広い知識や技術を身につけ、視覚デザイン表現の成果を社会に発信し貢献することができること。
とくに斬新なアイデアを視覚化し、デジタルツールやメディアを駆使して社会へコンテンツを発信できること。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

デジタルクリエイションが取り扱う領域は、メディアの変遷やグローバル化によって拡張の一途をたどっている。
とくにウェブや写真やムービーなど個々の表現・制作が習得できる科目群を一方に配置し、他方ではグループ制作や共同作業におけるコミュニケーション力・プレゼンテーション力の育成の習得できる科目群を配置する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

デジタルを利用したデザインやコンテンツ企画の基礎となる画力、構成力、設計力を具えていること。
日常的にいろいろな情報に関心があり、高い観察力をそなえ、さまざまなアイデアを持っていること。
何かを作ることが好きであること。
さらにそれを実現する伝達能力や発信力を養い高めていこうとする意志があること。
ページトップへ