建築コース 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

以下の能力と知識を有すること。

1. 社会に対して想像力を駆使した革新的な創造的表現と、自立した活動を行う能力
2. 与条件や問題を明確に整理分析し、計画を立案し、リーダーシップを発揮する能力
3. 建築を中心にした様々な関係する領域に関する基礎的な知識

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

以下の内容を主体的かつ実践的、段階的に習得する。

1. 美観上と技術上、双方の要求を満たす建築デザインを創造する能力
2. 人間と空間、建物、周辺環境の関係を理解し適切な尺度を与える能力
3. 都市のデザイン、および計画プロセスの理解
4. 建築家の職能と社会的使命の理解
5. 建物の設計にともなう構造計画、施工、環境工学、持続可能性に関する知識
6. 建築の歴史と理論、ならびに関連する芸術、工学および人文科学に関する知識
7. デザイン・コンセプトを建物に反映させ全体計画にまとめる際の法令、手続きに関する知識

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

社会の動きと建築デザインに興味関心があり、自由な発想を生み出す豊かな感性を持ち、積極的に他者とのコミュニケーションを取る姿勢を持っていること。
ページトップへ