テキスタイルコース 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

染織、テキスタイルの専門的技能・知識を獲得し、表現の可能性を追求し続けることができる。
繊維の摂理を研究・理解することで、テキスタイルの表現技法のイノベーションを意識できる力を身につけることができる。
染織、テキスタイルの実技制作を通して、京都、日本のアイデンティティーを認識し、広く社会、世界に自己の表現を発信できる視野を養うことができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

伝統技法、デザイン、現代アートといった様々な分野を学ぶことにより、テキスタイルを俯瞰的に理解出来るように実技科目を編成する。
染織作家、アーティスト、デザイナー、評論家など様々な立場の教員が協同して授業を担当することにより、理論と実践をバランス良く学べる科目配置を行う。
現在のテキスタイル産業や美術・染織業界の慣習にとらわれず、習得した知識と技術を用いて新しい創作活動や取り巻く環境を自ら作り出す応用力・展開力の形成を目的とする。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

テキスタイルを通じて、魅力的な社会を作りたいと強く思う人。
芸術、テキスタイルに対して幅広い視野を持ち、なぜ自分が芸術、テキスタイルに関心を持っているかを明確に伝えることができる人。
テキスタイルを取り巻く環境や創作活動における問題点を自ら進んで発見し、それを解決するための努力ができる人。
ページトップへ