芸術学部 3つの方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

クリエイティビティを持った人材となる
創造的な構想力(クリエイティビティ)や芸術的な専門性をもって社会にかかわっていくことができる。
情報をたんに受容する消費者ではなく、自ら情報を発信し、他者とのコミュニケーションにも関心を持てる表現者、表現の伝道者となることができる。
芸術の分野における高度な専門性を身につける
芸術の基礎的な表現技術を習得したうえで、それぞれの芸術分野の高度な専門性を身につけることができる。
芸術家・アーティスト、クリエイター、芸術分野の教員などとして活躍するために必要な能力・追求力を身につけることができる。
外界(自分の周り、社会、世界)に関心を持ち、視野を広げる
広く社会、世界、異文化、他領域に関心を持ち、その多様性を理解し、幅広い視野から自らの表現テーマ、表現方法を導き出すことができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

幅広い視野、教養、知識を修得するために基礎講義・演習科目を設置し、各芸術領域における実技制作の糧となる思考力、創造力を形成する。
各芸術領域において、基礎的な造形力・技術力を養い、豊かな表現力、表現手法、専門性を獲得、展開するために専門教育科目を設置し、各学年における必修科目を定めて進級要件とする。
芸術の専門的知識と芸術文化の潮流を学び、広い視野を養うために学部共通の専門講義・演習科目を設置し、自己と他者、自己の表現領域と他者の領域、自己の在る環境と外界(自分の周り、社会、世界)との違いを理解・探求し、新たな発想力を生み出す力を形成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

芸術に興味、関心を持ち、芸術と関わって自己を発見、成長させていこうと思う人。
モノを造り、表現することを学ぶ上で必要な素養を持ち、芸術の作品を制作・発信していくことを通して新たな芸術文化の創造に貢献しようとする人。
既成の概念にとらわれず、領域やジャンルを越えて他者、社会、世界と向き合いコミュニケーションをとりながら、自己を見つめ、高めていける人。
ページトップへ