【京都精華大学展2019!その1】

2月13日〜17日に京都精華大学展2019〜卒業・修了発表展〜が開催されていました!
デザイン学部は昨年と同じ体育館にて展示が行われていました。
展示の様子をレポートしていきたいと思います!

会場の入り口ではホットドリンクのサービスが。
IMG_8024

まずは建築学科から!
IMG_7997
建築学科といえば建築模型!
IMG_8006
どんな人がターゲットで、どこに建てるのか、光の入り方やどんな空間になって欲しいのかなど・・・色々なプランがギュッと詰まった模型。
ついつい中の方まで見てしまいます。

もちろん模型もすごいのですが、建築学科ブースに気になる家(?)がありました。
IMG_8009
ダンボールで作られた家です。ジブンハウスという名前で、
自分が一番リラックスできる空間として考えたそうです。

中を見てみると・・
IMG_6828

なんとも居心地のいい空間。大人と言われる年齢になっても、こういった空間はワクワクしますね。採光もいい感じです。

また椅子を制作した学生も。
IMG_8000
本当に座れるのか・・・。と思いましたが、座っても大丈夫とのことで座らせてもらいました。

IMG_6833
思っていたより安定感があり、背もたれもバッチリ機能していました。
家具といえば、プロクトデザイン学科と思っていましたが、それとは違い、建築を学んだことから考えられる椅子もあるのだなぁと思いました。

続いてプロダクトデザイン学科の様子。
IMG_7930
こちらは「雑草」として扱われる植物を活用して作られたプロダクト。
椅子、クッション、ランプシェードがあります。

IMG_7929
こちらはいわゆる「ネコジャラシ」(エノコログサ)を活用したクッション。

IMG_7936
こちらはフォントを作って、オリジナルのカレンダーも制作しています。

IMG_7937
色が薄かったり濃かったりするのは、自分自身の1年を振り返ってその時の気持ちを踏まえて決めてたそう。

IMG_8022
こちらはどこにでも窓を出現させるプロダクト。
映像が投影されて、本当に窓があるような感覚になりました。
なんだかずっと座っていたくなる柔らかさがありますね。

IMG_8066
展示を回っていると、なんとお出汁を知ってもらうためのワークショップも開催されていました。
学内展示ならではのワークショップですね。

次回はイラスト学科・ビジュアルデザイン学科の展示の様子です!

卒展

Posted on 2019.03.26 by seika design course