【タワーライトを作ろう!セイカ子ども大学開講!】

7月末、「けいはんなオープンイノベーションセンター」にて、京都府精華町と京都精華大学のコラボによる、子ども向け体験教室「セイカ子ども大学」が開講されました!

IMG_7172
今回は、小さな木の棒(ヒノキ)を使ってタワーを作ろう!というワークショップを開催。
担当するのが建築学科の葉山先生ということで取材へ行ってきました!

最初に、ワークショップの説明が行われました。

IMG_7167
参考作品を示しながら、「骨組みによって表れる影も楽しみのひとつです」と葉山先生。

IMG_7185
ワークショップが始まると、子どもたちは楽しそうに木の棒を組み立て始めました。

IMG_7187
最初は積み木のように遊びながら、どんな風に組み立てるかを考えます。

IMG_7224
建築学科の学生も一緒にお手伝いです。

IMG_7259
考えた骨組みをボンドで接着したら、次は貼り付ける紙を選びます。

IMG_7279
この子は、どんな風につけるのかを考えているのでしょうか?

IMG_7289
骨組み合わせて紙を切り、ボンドを丁寧に塗って貼り付けます。ここは難しそうですね。

さて、どんな「タワーライト」が出来上がったのでしょうか?
完成したものがこちら!

IMG_7318
こちらの作品はとても情緒があります!うっすらと見える影も素敵ですね。

IMG_7314
この作品は、骨組みが透けて見える工夫がされています。実はイニシャルのNを表したそうです。

IMG_7325
こちらにはなんと鹿が!こだわりを感じますね。
他にも素敵な作品がたくさんありました。

IMG_7247
最後は参加した子どもたち全員に、「セイカ子ども大学」修了証とシールが配られました。

IMG_7361
こういう「証明書」を貰うと、子どもでも大人でも嬉しいですよね。

今回の「セイカ子ども大学」を通じて、子どもたちがものづくりの楽しさを覚えてくれたら嬉しいです。

ワークショップ

日々の出来事

Posted on 2018.09.28 by seika design course