【金継ぎワークショップ!プレゼン編&展示情報】

今回は、先日のプロダクトデザイン学科とフランスのリモージュ国立高等美術工芸学校の「金継ぎ合同ワークショップ」のプレゼンテーションの様子を紹介します。

過去記事【フランスの学生たちと交流!日本の伝統技法「金継ぎ」ワークショップ!】https://www.kyoto-seika.ac.jp/design/?p=6047

IMG_6713

どんな作品ができたのでしょうか?

IMG_6785
こちらはカップの取っ手を利用した作品。
ワッフルなどを立てかけるそうです!

IMG_6814
これは、陶器の破片の代わりに「木」を用いて「呼び継ぎ」という手法で金継ぎをしたもの。とっても素敵です。

IMG_6778
フランス語と日本語で交互にプレゼンテーションを行うチームも。

プレゼンテーション終了後は、金継ぎした器に実際に食べ物を盛り付けます!
IMG_6817
ご飯やお菓子はそれぞれ作ってきたり、買ってきたり各自で準備していました。

IMG_6835
とっても美味しそう・・・。

IMG_6825
卵を置くことを想定したこの器も、うまく活用できていました!

IMG_6881
お互いに記念写真を撮ったりして、みんなで作ってきた料理をとても楽しんでいました!

IMG_6879
お互いの文化に触れることによって新しい発見もたくさんあったのではないでしょうか。

IMG_6815
みなさんお疲れ様でした!

そして現在、COCON烏丸3Fにあるkara-Sのギャラリースペースにて学生たちが制作した金継ぎの器の展示が行われています!
5月20日(日)までです。ぜひ行ってみてくださいね。

名称未設定-3
Seika PD×ENSA Limoges「金継ぎ-LE KITSUGI展」

2018年3月フランスのリモージュ国立高等美術工芸学校から7名の学生を迎え、
京都精華大学プロダクトデザイン学科の学生19名とチームを組み、
金継ぎのワークショップを行いました。テーマは「joindre-金継から生まれる新たな食器」。
日本とフランスの文化の融合から生まれた作品をどうぞご覧下さい。

ーーーーーーー

[期間] 2018年5月14日(月)~5月20日(日)
[時間]11:00~20:00 (初日13:00から、最終日18:00まで)
[場所] kara-Sギャラリー

ーーーーーーー

展示情報の詳細はkara-Sホームページへ▷http://www.kara-s.jp/gallery/20180514_lekintsugi.html

日々の出来事

Posted on 2018.05.16 by seika design course