【集合住宅を考えよう!】

建築学科の教室では1年生のジュリー(プレゼンテーション)が行われていました。
DSC_0048

今回のテーマは「集まって住む」
7世帯が集まって住む賃貸の集合住宅を考えます。
80歳1人の女性・母親がお店を持つ家族4人・女性だけの家族
ルームシェアをしている若者4人・学生塾や保育所、建築設計事務所なども併設した集合住宅です。

DSC_0070

小さな子供やお年寄り、老若男女が集まった集合住宅。
考える上で段差や隙間などたくさんの可能性を考慮しなければなりません。

DSC_0086

そういったことを考慮した上で、
それぞれの考えた規格で学生たちは集合住宅を制作していました。

DSC_0044
屋根がウネウネとした建物や

DSC_0051
丸が積み重なったような建物。

DSC_0061

この建物は窓がいっぱいなんでしょうか?実際にあるととっても日当たりが良さそうです。

DSC_0062

実は今回のジュリーは全て英語で行われていました。
それについて先生に話を聞いたところ、
海外から先生や留学生が来た時にもコミュニケーションをとったり、
より深い話ができるように英語でプレゼンを行うことがあるそうです。
全然話せなくても、伝えようとすることが大切なのだとか。
毎週のチェックも英語だったそうです。すごい!

DSC_0082

講評も英語で行われていたので大変だったと思いますが、
一生懸命伝えたり、聞こうとする姿勢がとてもかっこよく見えました。
みなさんお疲れ様でした!

日々の出来事

Posted on 2018.01.29 by seika design course