【プロダクトデザインにおける感性の働きを学ぶ!】

プロダクトコミュニケーションコース3年生の授業の取材へ行ってきました!
この授業ではプロダクトデザインを学ぶにあたって、
マーケティング調査→商品企画→調査研究→プロダクトデザイン製作の実務プロセスに沿って進め、
プロダクトデザインにおける感性の働きの体現を現場感覚で学びます。

今回は「株式会社Petio」との産学連携が行われ、
「インテリアと調和するペットグッズの提案」という課題テーマで制作を行います。

DSC_0198

それに当たって、課題説明やどういったペット用品が出ているのかなどを説明していただくために、
ペティオの奥村さんが来てくださいました。

DSC_0175
開発までの工程や、ニーズとシーズをとらえたマーケティング調査手法など
プロダクトデザインを考えるにあたって大切なことや、
実際にどのように製品が生み出されているのかを教えてくださいます。

DSC_0185

今回制作するペット用品はペットにとって安全なのはもちろん、人間にとっても安全なのか?というのも重要です。

DSC_0210
この授業だけではなくこれからデザイナーになるにあたって大切なことだらけで、
学生たちはメモが手放せません。

DSC_0225
そして今回、Petioが実際に販売しているペット向けの商品を持ってきてくださいました!

DSC_0224

DSC_0220

学生たちは興味津々です。

DSC_0237
この商品はどんなところが工夫をされているのかなどもお話してくださいました。

商品をみた後は、昨年同じ授業を受けていた4年生の先輩たちが体験談を話してくれました。
DSC_0262

DSC_0268

どのように調査をしたり、どんな製品の提案をしたのか、
またグループワークのちょっとした裏話なども聞くことができました。

今回もグループワークで制作を行います。
それぞれのチームがどんな提案をするのでしょうか?
奥村さんや先輩たちから教えてもらったことを活かして制作頑張ってください!

日々の出来事

Posted on 2018.01.18 by seika design course