【セイカイラストOB展!】

12/6(水)〜14(木)の9日間、京都精華大学ギャラリーフロールでは
イラストレーションコース(現イラスト学科)卒業生29名の作品が展示されている
「セイカイラストOB展2017」が開催されていました。
現在アーティストやイラストレーターなど、
色々なところで活躍されている人たちが展示していると聞いて、その様子をみてきました!

image1-4

image1-5

image2-3

展示会場に入った時からとてもワクワクしました。

DSC_0184

山川結女さんの作品。

DSC_0195

北村美紀さんの作品。

DSC_0215

巻田はるかさんの作品。

DSC_0186

西雄大さんの作品。

ズラッと写真を並べていますが実際作品を見ると、立ち止まってじっくり見てしまいます。

DSC_0170

NAZEさんの作品。

DSC_0172
見上げると人(?)が。

DSC_0166

通り道の上に猫(?)のような生物が。安野谷昌穂さんの作品の一部です。

DSC_0201

人形がずらりと並んでいます。

DSC_0199

神廣和花さんの作品です。

DSC_0193

鹿の角や骨を使った作品も。こちらは岡本梨奈さんの作品です。

DSC_0162
12星座の作品がありました。こちらは舘山可那子さんの作品。

DSC_0158

魚座を発見。自分の星座を探したくなっちゃいますよね。

取材に行った日、作品を展示している銅版画作家の加藤さんが在廊されていたので、
少しだけお話を伺わせていただきました!

DSC_0018

ー経歴を教えてください!
イラストコースを卒業して、大学院で2年版画を専攻して、
現在イラスト学科の助手をしています。

ー作品のテーマは何ですか?
人間の肉体をモチーフに、喜びや不安、疑問や違和感と行った感情を銅版画で表現して います。

ーなぜ銅版画で制作されているのですか?
大学2年生の時、授業で銅版画に出会って、
そこから楽しくて銅版画ばかりしていました。

DSC_0007

作品は全て銅版画だそうです。

在学中に夢中になることを見つけて、ずっと制作を続けている加藤さん。
お話を伺って、銅版画に対する思いが伝わってきた気がします。
お話していただきありがとうございました!

まだまだ載せきれていない素敵な作品もたくさんありますが、
力強い作品がギュッと詰まった素敵な展示でした。

展示

日々の出来事

Posted on 2017.12.22 by seika design course