【空気清浄機を考えよう!】

プロダクトデザイン学科プロダクトコミュニケーションコース2年生の授業では、家電をデザインする授業があります。

今回は家電製品をデザインする科目をご紹介します。
本年度はシャープ株式会社 ブランディングデザイン本部のご協力の下、3年生の前期インタラクションデザイン科目に続いて、2年生の後期では家電製品デザイン科目が開講されています。
初回は、学生たちが同社を訪問して授業がおこなわれました。

そこで学生たちは、「シャープデザインの目指すもの」のお話と、「シャープのデザイナーを交えて空気清浄機の未来をディスカッション」など貴重な体験をしました。

初めに「シャープデザインが目指すもの」について、デザイン開発センター統轄部長の宮田様にお話しいただきました。

miyata2

IMG_4285

IMG_4306

学生たちは真剣にメモをとっています。

次に、今回の課題テーマ「ミライの家電を考える:空気清浄機のデザイン」ということで、実際に販売されている製品を使って、担当されているデザイナーの方から機構や特長を説明していただきました。
IMG_4342

 

IMG_4317IMG_4358

みなさん興味津々です。

そして、デザイナーの方々を交えてのディスカッションですデザインの開発プロセスやコンセプトの設定と共有など商品デザインの現場の話を交え、今回のテーマへの臨み方などアドバイスをいただいていました。

IMG_4372

IMG_4375

IMG_4378

学生たちは初めは緊張していましたが、ワードを書いたり話したりしているうちに徐々にアイデアと笑顔が出てきていました。

ぷろこみゅ×SHARP DESIGN連携授業の窓口であるデザイン開発推進部の福田様にお話しを伺うと、「この授業を通じてわたしたちも、いろいろな気づきを得られると考えています」とおっしゃっていました。
宮田様から最後に「アイデアのワードを考えられるだけとにかく出す!」とアドバイスをいただきました。

自分の中で思いっきりアイデアを展開し、それをアウトプットしてさらに見方を変える、というのがいい答を出す方法ではないでしょうか。
どんどんアウトプットしましょう!

授業のスケジュールを見せていただくと、アイデア展開に時間をかけて、モデル制作、プレゼンテーションまでとても実践的な内容です。
このあとも、デザイナーの方々にヒントをいただきながら来年1月まで進めていきます。各自の想う”空気清浄機のミライ”を力強く提案していってくださいね!

日々の出来事

Posted on 2017.10.31 by seika design course