【大江編集長、退任のおしらせ。】

こんにちは、デザイン学部web編集部です。
このたび、大江編集長が編集部を卒業いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

0

みなさま、こんにちは!
デザイン学部web編集部で2年間編集長を務めさせていただきました、大江咲です。
今まで、たくさんの授業にお邪魔して、デザイン学部の授業の様子をを取材してきました。

取材でお邪魔した課外授業。

1

比叡山で写経をしたこともありました…

2

森の中で落ち葉に埋められたこともありました…

3

たくさんの展示やイベントにお邪魔して、取材させてもらいましたね。

他にも、鯖江のメガネ工場ツアーへ行ったり、企業で行われる学生のプレゼンを取材しながら見守ったり、普段は非公開のお寺を学生と一緒に見学させてもらったり…
取材を通して、普通はなかなか触れ合えないような人や物と関われた2年間でした。

取材に行く先々で、先生方には本当に良くして頂き、わたし自身が授業を受けているような気持ちにもなり、デザインやものづくりに纏わるたくさんのことを学ばせてもらいました。

授業の取材ももちろん楽しくさせて頂いたのですが、わたしは学生さんにお話しを聞く「学生インタビュー」が大好きでした。
作品をつくるときに心がけていること、大切にしていることや伝えたいことなどについて聞いていると「まだ学生とは思えないほど、すでにデザインについてしっかり考えられているんだなぁ!」と感動し、ふだん作家活動をしている私自身にとって勉強になることばかりでした。

体験型の授業の取材のときには、「大江さんもよければどうぞ!」と先生にお声がけいただき、とても楽しいものづくりを一緒に体験させて頂くこともありました。
ふだん学校の中を歩いていると「さきさん!」と声をかけてくれる学生さんと世間話をしたり、同じデザイン学部で学んでいた先輩として、制作についての相談を受けることもありました。
とても楽しい時間でした。ありがとうございました。

そして、いつもこのデザイン学部webをご覧くださってるみなさま。ありがとうございました。
「毎日読んでるよ!」というお声を頂いたりして、そのたびに「見てくれる人がいるんだから、しっかりせねば!」と背筋がしゃんとなりました。

この大学を受験する高校生の方に、日々の授業の楽しさをお伝えできたらと思っていたのですが、学生さんから「実家の家族がこのwebを楽しみにしていて、わたしが写った写真が載ってたら連絡がくるんですよ〜」という話を聞き、このwebサイトを通して学生を見守っている方がたくさんおられるんだなぁと思いました。

そういった方々に、学生たちの楽しそうな表情と共に、他の大学では受けることができないような貴重な授業の様子をお伝えできていたらいいな、と思います。

学びと刺激に溢れていた2年間。
取材にご協力くださったみなさんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
今まで関わった方々とは、是非いつか何かのお仕事でご一緒できたり、またどこかでお会いできたらなぁと思います!

わたしは今日で卒業ですが、これからもデザイン学部web編集部をよろしくお願いします!

それでは、またどこかでお会いしましょう!

4

またね〜!!

日々の出来事

Posted on 2017.03.31 by seika design course