【プロダクトデザイン学科ワークショップレポートfromフランス!その3】

春休み期間中にプロダクトデザイン学科では、フランスにあるリモージュ国立高等美術工芸学校との交流プログラムが行われていました。
今回も、フランスから届いたレポートをお届けします!

週末に街の観光を楽しんだ学生たち。
週末を終えて学校に行くと、素焼きのものが出来上がっていました。

1

グループごとに、Anne先生とコンセプトや何を器に盛るかをディスカッションしていきます。

2

3

素焼き後の器に釉薬をかけていきます。全体にかけるか、内側だけか、仕分けて置きます。

4

5

6

7

ついに本焼きが出来ました!ブルーがとてもきれい!
この学校には、大きな電気釜とガス釜があります。ガス釜の方が温度が高いため、色に透明感が出るそうです。今回は全てガス釜で焼いて頂きました。

SONY DSC

SONY DSC

10

それぞれの食器ができあがったところで、いよいよ最終プレゼンテーションです!
そのレポートを、次回お届けします!

日々の出来事

Posted on 2017.03.24 by seika design course