【学生の紹介 デジタルクリエイションコース4年・村尾花奈さん】

先日、デジタルクリエイションコース4年の村尾花奈さんが考えたガチャガチャが発売されました。

その名も、「漬物マグネット」!

%ef%bc%91

街や店頭に設置されていて、実際に回して遊ぶことができます。
このガチャガチャは、3年後期の授業で生まれたものだそうですが、一体どんな授業だったのでしょうか?
村尾さんに詳しく聞いてみましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー今日はよろしくお願いします!今回は「漬物マグネット」について色々教えて欲しいのですが、そもそもこれは何の授業から生まれた作品なのですか?

客員教授のタナカカツキ先生から、アイデアの考え方を教わる「グッズプロデュース」という授業です。
例えば「類似しているものを見つけて組み合わしてみると新しいアイデアが生まれる」といったような、アイデアを考えるときの手段を教えてもらいながら、毎週10案ずつガチャガチャの案を考えて持ちよるという内容でした。
授業の最後には集大成として、出てきたアイデアから選りすぐりのものを奇譚クラブ(※)さんにプレゼンする、というのが大まかな授業の流れになります。

授業を受けている人みんなが10案ずつ持ちよるので、毎週大量の案を見て刺激を受けていました。

(※奇譚クラブとは、ガチャガチャなどのおもちゃの企画やデザイン、販売を行っている会社。タナカカツキ先生の作品「コップのフチ子」シリーズなどの企画も行っている。)

ータナカカツキ先生の話で、どんなものが印象に残っていますか?

ガチャガチャの案を出すときに、「面白くなくてもいいからとにかく数を出してほしい」と言われました。「なにかおもしろいものを考えなきゃいけない」と思って手が止まってしまうのは、とても勿体ないことだからと話されていました。
あと、悩んだときのスランプの抜け出し方なども教わりました。アイデアは自然にわくのではなく、手順を踏んで考えるものだということでした。

%ef%bc%92

ーこの「漬物マグネット」というアイデアは、どのように思いついたのですか?

「類似しているものを組み合わせる」という先生からのお話を聞いて考えたとき、普通のマグネットが何個もくっついている状態を見て「長いたくあんが重なって1本になる様子に似ているなぁ」と思い、そこから発想しました。

%ef%bc%93

(こちらが、全種類のマグネット。)

%ef%bc%94

(重ねてみると、より漬物らしさが生まれます!)

ー「漬物マグネット」の魅力を教えてください!

ガチャガチャを何度か回して同じものが出てしまっても、ぴったりとくっつけて遊べるので、何回同じものが出ても損した気分にならずに遊べるようになっています。
逆に色んな種類が出ても、漬物の見た目の色もとてもキレイに作ってもらったので、並べて楽しめると思います。

商品化するときに、奇譚クラブさんの力によって「並べることでさらにおしゃれに見える」という付加価値をつけて頂きました。赤カブも実物よりピンクっぽく、華やかな見た目になっています。
最初の私の案だとターゲットは「食品サンプルが好きな人」だけだったのですが、カラフルで華やかなものに仕上げてもらったことで、可愛いものが好きな女性にも使ってもらえるものになったと思います。

ー今回の授業で得たことを、今後どんなことに活かしたいですか?

カツキ先生から教えていただいたアイデアを出す方法は、今後の制作にすごく役立つと思います。
類似を見つけることや、とにかく手を動かすことなどを知っていると、新しいものを生み出すときに思い悩まずにすむと思います。

そして、実際に商品化されるときに「最初の案の段階からどういったものを追加したら商品になるのか」という過程を見て、自分の案に足りない部分がすごく良く分かりました。
普通の漬物の形だったものが、このようなポップのデザインになることで「漬物って並べると綺麗なんだなぁ。若い女性層に受けるんだなぁ。」ということや、今までの自分のデザインを販売するときには何が足りないのかということが分かって勉強になりました。

ー最後に、この漬物マグネットをアピールしてください!

とにかく種やシワまでリアルに作って頂いているのですが、一番おすすめなのはらっきょうです!
透け具合がとてもリアルで、切り口の部分もまるで本物みたいにに作られています。

是非、実際にガチャガチャを回してもらいたいです!ダブっても重ねられるので、遊んでみてください!

ーありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

%ef%bc%95

こちらがらっきょうのマグネット。

%ef%bc%96

切り口の部分はこんな感じ。本物のようなディテールです…!

他にも茄子、きゅうり、たくあん、赤カブ、梅干しがあります。

%ef%bc%97

%ef%bc%91%ef%bc%90

%ef%bc%99

%ef%bc%98

シワや種など、とてもリアルに作られています。
たくさん集めて、色んなところにくっつけたくなりますね。

みなさんも街で見かけたら、是非まわして遊んでみてくださいね!

在学生

Posted on 2016.12.28 by seika design course