【ポスターで伝える「i’m here」】

グラフィックデザインコース2年生の教室に入ると、大きなポスターがたくさん貼られていました。

%ef%bc%91

%ef%bc%93

%ef%bc%92

よく見ると、ポスターのモデルになっているのはグラフィックコースの学生たちです。
このポスターは課題として出題され、「i’m here」というテーマによって制作されたもの。

%ef%bc%94

%ef%bc%97

%ef%bc%96

%ef%bc%95

「『いま、ここに存在する私』をテーマに、独自の個性的な表現を構築することで、『わたしオリジナルな世界』が認識できるポスターを制作する」ということでした。

また、この課題には「写真表現で世界観を創出させる」という条件があり、学生たちは写真を駆使して、それぞれの世界観を表現していました。

%ef%bc%98

%ef%bc%91%ef%bc%90

%ef%bc%99

ポスターを制作するにあたり、「自分自身はどんなイメージを持たれているか」などを改めて考える人もいれば、「将来自分はどんなデザイナーになりたいのか?」という意味を込めたポスターを表現している人もいました。

%ef%bc%91%ef%bc%91

%ef%bc%91%ef%bc%93

%ef%bc%91%ef%bc%92

アーティスト写真のようにスタイリッシュなものに仕上げる人もいれば、ストーリーを感じる写真を使ってドラマ仕立てにする人もいました。「ポスター」という1つの媒体でも色々な表現方法が使われていて、それぞれの個性や「らしさ」が感じられる仕上がりになっていたと思います。

そして、それぞれのポスターに対して、先生方が講評をします。

%ef%bc%91%ef%bc%94

%ef%bc%91%ef%bc%95

「一回撮影しただけで完璧なものができるということは、まずありません。色んな方法をたくさん試してみて、その中から一番いいものを選ぶ、というプロセスで制作してみてください。」

「『i’m here』というロゴの入れ方もすごく大事。表現したいことを伝えるために、どんな声色(フォントや大きさ)で『i’m here』を入れるかですね。」

「『何を作ったか?』も大切だけど、作るプロセスで『何に気づいたか?』ということも、とても大切なんです。」

%ef%bc%91%ef%bc%96

%ef%bc%91%ef%bc%97

自分自身を詰め込んだポスターを作るとなると、「自分って何だろう?」と考えるきっかけになると思います。

%ef%bc%91%ef%bc%98

みなさんが自分自身をポスターにするとしたら、どんなものに仕上げますか?

日々の出来事

Posted on 2016.12.29 by seika design course