【アーケードゲームを企画しよう!】

街のゲームセンターには、さまざまな種類のゲームが置いてあります。
友達と競争するものや、リズムに合わせて楽しめるものなど、みなさんも一度は遊んだことがあるのではないでしょうか。

デジタルクリエイションコース2年生の授業では、ゲームセンターで遊べる「アーケードゲーム」を企画するという授業があります。

%ef%bc%91

この日は、株式会社セガホールディングスの社員さんをお招きし、学生たちが考えた企画アイデアのプレゼンが行われていました。

%ef%bc%92

%ef%bc%94

%ef%bc%93

学生が考えた企画にはさまざまなものがありました。
大人数で遊べるものや、合コンとレースゲームをかけあわせたもの、プリクラと乙女ゲームをかけあわせたものなど、それぞれ面白いゲームのアイデアをプレゼンしていました。

%ef%bc%95

%ef%bc%97

%ef%bc%96

普段ゲームセンターに行かないという学生が「なぜ自分はゲームセンターに興味がないのか」という理由を考えながら企画したアイデアには、説得力があったように思いました。

また、「一度だけ遊んで終わり」ではなく、何度も繰り返し遊びたくなるようなゲームを企画することが、重要なポイントのようです。

%ef%bc%99

%ef%bc%91%ef%bc%91

%ef%bc%91%ef%bc%90

学生たちのプレゼンに対してセガのお2人は、ゲーム市場の現実などを踏まえながら、実現性や操作性などの観点からコメントをされていました。

%ef%bc%98

「すでにあるジャンルのゲームだと、周りのゲームに埋もれてしまわないように、そのゲームならではの特徴を出すことが大切なんです。」と、オリジナリティーの重要さについてもお話しされていました。

プレゼンの中では、「それによく似たゲーム、うちの会社が数年前に出したんですよ〜」とコメントをされる場面も何回かあり、今までにないものを考えるというのは本当に難しいことなんだと実感しました。

%ef%bc%91%ef%bc%92

全員のプレゼンが終わったあと、大溝先生とセガのお二人が良いと思った企画をいくつかピックアップして、グループワークでさらに企画内容を深めていきます。

最終的にはセガ本社に行き、セガ社員のみなさんの前で、学生自らプレゼンを行うのだそうです!
一体どんな企画が選ばれるのでしょうか?楽しみですね!

在学生

日々の出来事

Posted on 2016.11.22 by seika design course