【『TRADE BOOKS CAFE』に行ってきました!】

現在、四条烏丸にある東急ハンズでは、ビジュアルデザイン学科3年生「カフェプロジェクト」によるイベントが開催されています。

その名も、『TRADE BOOKS CAFE』。
東急ハンズ1階には、このようなブースが設置されています。

%ef%bc%91

文庫本や雑誌、マンガや美術書など、たくさんの本が棚に並んでいます。

%ef%bc%92

%ef%bc%94

%ef%bc%93

このカフェは、一体どのようにして作られたのでしょうか。
グラフィックデザインコース3年の和田さん(1枚目の写真右)に、お話を聞いてみました!

ーまず『TRADE BOOKS CAFE』とは、一体どんなカフェなのですか?

「物々交換をする、お金が動かないカフェ」ということがテーマになっています。
ここでは、家にある読みつくした本や要らなくなった本をカフェに持ってきてもらうと、その本とカフェにある本を交換して持って帰ってもらうことができます。
さらに、ここで渡される引換券の半券を、COCON KARASUMAにある「kara-S」へ持っていくと、コーヒーなどのドリンクをもらうことができます。

ー和田さんは、このプロジェクトではどんな役割をされていましたか?

一応デザイン担当だったのですが、全体を見ながら指示を出したりする仕事のほうが多かったですね。

ー「お金を使わない」という難しいテーマだったと思いますが、このプロジェクトを通してどんなことを感じましたか?

0から企画を立てるということがやりたくてプロジェクトに参加したのですが、企画を考えるときに「お金を使わない」というアイデアを出していくことがが結構難しかったですね。
準備期間にも、色んなことを同時並行で進行していかないといけないので、その管理も大変でした。

ーこのカフェを訪れたお客さんに、見て欲しいところや感じて欲しいことはありますか?

カフェに集まっている本は、事前に色んな方の協力で寄付しててもらったものなんです。
だから、かなり豊富なバリエーションの本が揃っているし、中には珍しい本もあります。
そして、持ってきた本が違う人へと渡っていくことや、新しい本との出会いを楽しんでもらえたらなぁと思っています。

ーたくさんの人に利用してもらえるといいですね!ありがとうございました!

%ef%bc%95

学生がつけているエプロンも、自分たちでロゴをプリントしたそうです。

このあと、交換した本と引換券の半券を持ち、kara-Sを訪れてみました。
ここでは、和田さんのお話にあったように、学生がコーヒーやジュースなどの飲み物を振舞ってくれます。

%ef%bc%97

学生によると、「専門の方をお招きして、みんなでコーヒーの淹れ方を授業中に教わったりしました。」とのこと。

なんだか、色々なことが身についたようですね。
せっかくなので、淹れたてのコーヒーを頂くことにしました。

%ef%bc%98

%ef%bc%99

お味の方は…、
コーヒーの淹れ方も勉強したというだけあって、かなり美味しかったです!

この『TRADE BOOKS CAFE』は10月2日まで開催されています。

『TRADE BOOKS CAFE』
〈期間〉
9/24(土)〜10/2(日)
〈日時〉
11:00〜20:00
(本の交換は10:00から)
〈場所〉
・東急ハンズ京都店一階
・COCON KARASUMA 3階 kara-S

みなさんも要らなくなった本を持って、是非足を運んでみてくださいね。

イベント

在学生

日々の出来事

Posted on 2016.09.26 by seika design course