【「センサー」で人を笑顔にさせる】

私たちの生活の中には、さまざまな「センサー」が利用されています。
そんなセンサーを使って、楽しいコンテンツを制作する授業が、デジタルクリエイションコース2年生では行われています。

1

前期の授業では、カメラや振動、音などを感知するセンサーについて学び、毎週グループに分かれてコンテンツを制作してきました。

2

3

これが、今回学生が使用しているセンサーのうちの1つ。

11

これ以外にも、色々な種類のものがあるのだそうです。

この日は、前期授業の最終日。
今まで扱ってきたセンサーを自由に使って、各グループが考えた作品の発表会が行われていました。
それでは、学生たちが自由な発想で考えたアイデアを見ていきましょう。

こちらのチームが考えたのは、「トイレSOS」というアプリ。

4

カメラのセンサーを使って、トイレに並んでいる人の緊急度合いを、トイレの中にいる人に伝えてくれるというもの。
並んでいる人の足踏みの激しさをセンサーが感知して、どれぐらい切羽詰まっているのかを判断するそうです。

5

この授業の担当講師の大西先生は、
「人の深刻な度合いは視覚化しにくいので、面白いと思います。見えていない人のことを推し量れるというところが、新しいですね。」とコメントされていました。

たしかに、自分たちには見えないものを感知してくれるのは、センサーならではの役割かもしれません。

こちらは、初対面の2人が会話をする時に、3人目となって会話を盛り上げてくれるというアプリ。

6

一定の沈黙をセンサーが感知すると、話題をふってくれたり、合いの手をうってくれます。

7

ロボットが主役となって会話をするのではなく、あくまでもスムーズな会話をサポートしてくれるものだそうです。
少し気まずい空気になってしまったときに、話題を切り替えてくれる人物がいると、気楽に話ができますね。

そして、こちらのチームが制作したのは「ギフメラ」というツール。

8

プレゼント箱の中にカメラが仕掛けられていて、受け取った人が箱を開けた瞬間の表情を、撮影して残すことができます。

9

「なにが入っているのかな〜」

10

カシャッ!

これがあれば、その瞬間の笑顔を撮り逃すことなく、記録できますね。

この他にも、センサーを利用した押し相撲のゲームや、音を感知して遊べるイヤリング、録音した声が加工されて再生される電話機などがありました。

13

14

15

センサーという同じツールを使っていても、生まれるアイデアは人それぞれで、発表会では個性あふれるコンテンツを楽しむことができました。

12

学生たちが楽しそうにお互いの作品で遊んでいる様子が印象的で、人を笑顔にするための作品を制作するというのは、とても素敵なことだなぁと感じました。

これからも、見た人や使った人を楽しませる作品を、どんどん作り出していってくださいね!

在学生

日々の出来事

Posted on 2016.09.06 by seika design course