【レトロな町屋でPV撮影!】

出町柳の、とある京町屋へやってきました。

1

2

4

3

5

奥へと長く続く、京町屋独特の内装。
昔ながらの竃があり、中庭があり、井戸があり…

6

ふと見上げると、大きな地球が!

実はここ、ビジュアルデザイン学科で講師をされている井口先生の事務所なんです。

この日は、ビジュアルデザイン学科3年生の「ムービー&グラフィックス」というプロジェクトに所属している学生が、授業の一環でPV撮影を行っていました。

制作しているのは、ミュージシャンの高野寛さんのご協力のもとで作られた、オリジナル曲のPV。
学生たちが考えた歌詞をもとに、高野さんが作曲をして、ひとつの曲を作り上げました。

7

完成した曲に合わせて、連続して撮った1枚1枚の写真を繋げて作る、コマ撮りのPVを制作しているそうです。
8

9

こちらは、PVのモチーフとして使うフィギュア。
3Dプリンターで出力したもので、なんと200個もあるそうです!

10

よく見ると、ちょっとずつポーズに変化がありますね。
これを撮影して、連続で再生すると、フィギュアが動いているように見えるのです。

11

手をつないでいるものも。
細かい…!
12

13

中庭の縁側を舞台に、一体どんなPVが制作されているのでしょうか?

14

早く、曲に合わせて人形が動いている様子が見たいですね!
PVの完成、楽しみにしています!

在学生

日々の出来事

Posted on 2016.07.28 by seika design course