【いろんなジャンルの卒業制作】

デザイン学部4年生は、2月の卒業制作展にむけて作品を制作しています。
この日は、デジタルクリエイションコース4年生の卒制進捗報告会がありました。

デジタルクリエイションコースの卒業制作は、作品を鑑賞している人との相互作用(インタラクティブ)がテーマになっています。

学生たちが制作する作品のジャンルはさまざま。
映像、ゲーム、アニメーション、写真、漫画、キャラクターデザインなどなど。

1

今回の進捗報告会では、現在どんなものを制作しているのかということを、先生やクラスメイトに向けて発表していました。

2

6

5

4

3

友達と対戦して遊べるゲームを制作している人も。
7

そして、こちらはホログラムを制作している学生の発表。
机の真ん中に置かれた透明な三角錐に、ホログラムが投影されています。
8

これから長い時間をかけて、「どんな風に自分の作品で遊んで欲しいか」「作品でどんなことを伝えたいか」ということを突き詰めて考えながら、作品を制作していきます。

9

10

学生たちの発表を聞いて、先生方は
「『これを伝えたいです』という部分があやふやだとよくないので、軸をしっかり絞ってください。」
「頭で考えただけでは何もできないので、何回も試作を重ねてみてください。」
など、アドバイスをされていました。

11

大学生活4年間の集大成となる作品ができるように、頑張ってくださいね!

在学生

Posted on 2016.07.19 by seika design course