【kara-S × デザイン学部web編集部 】vol.2 スタッフおすすめの作品たち

COCON KARASUMA3階の、京都精華大学サテライトスペース「kara-S(カラス)」。
今回は、デザイン学部卒業生でもあるkara-Sスタッフの皆さんに、ショップ内のおすすめ商品を紹介してもらいました!

京都精華大学の在学生や卒業生が作った商品にたくさん出会えるkara-S。
スタッフのみなさんが選んだイチオシの作品とは…!

<川良さんのおすすめ>

IMGP3191

ぼくは、kara-Sのリニューアル3周年を記念して作ったTシャツがオススメです。イラストコース2年生のオオニシアキオ君とkara-Sが一緒に作ったものです。
八咫烏をモチーフにしたキャラクターを描いてもらい、“The journey from here” (ここから旅が始まる)という言葉をいれました。「ここから作家人生が始まる」というSSC(在学生の作品が販売されているショップ内スペース)からのメッセージもこめられています。
現役の学生と一緒に商品を作れて、楽しかったですね。

<佐藤さんのおすすめ>

IMGP3194

わたしは、大島奈王さんという陶器作家さんの作品がおすすめです。学生のときは染色を学んでおられた、京都精華大卒の作家さんです。
留学してからは陶器を作られるようになって、アクセサリー、花器、オカリナ、オブジェなどを制作されています。動物とか自然のものがモチーフになっています。

(ちなみに、佐藤さんが手に持っているのは動物の顔の形をしたオカリナ。指で押さえる穴があって、演奏できるようになっています。)

<冨田さんのおすすめ>

IMGP3197

わたしは、陶芸コース2年生の野田ジャスミンくんの陶器がすごく好きです。
彼の作品は、若い人からご年配まで男女問わず人気です。今、棚に並んでいるものは、kara-Sに合ったカラーの作品を揃えてくれていて、制作に対するやる気をとっても感じます。大物になる気がしています…!

以上、kara-Sスタッフのみなさんによる、おすすめの紹介でした!
どの作品も実際に見て触れてみると、作り手の存在を感じることができます。

みなさんも、是非kara-Sで自分のお気に入りの作品を見つけてみてくださいね!

次回からは、kara-Sで作品を販売している作家さんのインタビューを更新していきます。
お楽しみに〜!

卒業生

在学生

Posted on 2016.07.20 by seika design course