キャリア教育科目

キャリア教育科目

自分の進路を自らデザインし、それを実現するための基礎力を身につける科目群です。コミュニケーション力を高める科目や、様々な業界で働く先輩から仕事のリアルを聞く科目、自分の生き方としてキャリアを考える科目などが設置されています。

キャリアポートフォリオ

京都の伝統産業実習

伝統的な手仕事を受け継ぐ工房に通い、その技術や知恵、精神性を学ぶ。夏季の2週間(演習先によって変動あり)、お世話になる職人・作家の皆さんに「短期弟子入り」することで机上の学びにはない、現場だけの体験を獲得する。
本演習では、伝統的な手仕事を通じて得る作業経験とものづくりにおける多角的な視点を身に付ける。そのため、学部やコースで学ぶ専門領域外の演習先を選択することも推奨している。本演習で学ぶ「京文化」「職人技術」「伝統の知恵」は、あらゆる「表現」の礎として活きる。
本演習は京都精華大学が約40年間にわたり京都の工芸界とともに育んできた独自のプログラムである。

インターンシップ

インターンシップ・プログラムは、以下のようなタイプに分かれます。

A.就業型インターンシップ
夏休み期間中の2週間、実際の職場で就業体験をすることで、職種や仕事内容を知り、また自分の適性を把握します。そして、その体験を自らの専門分野の制作・研究に活かすことを目標としています。

B.プロジェクト型インターンシップ
ある組織が抱える現実の課題に取り組み、課題解決のためのプロジェクト体験を通して、自身のキャリア観を育むことを目標としています。各学部・コースの専門性や強みをひとつのプロジェクトに結集し、相乗効果を導き出すことで課題の解決にあたります。5月から夏休みにかけて、スケジュールを調整しながら不定期で行います。

C.長期有給インターンシップ
5月~9月、長期にわたる有給のインターンシップです。週1~2日継続して働くことで、自らの成長を確認しながらより深く仕事を理解し、またスキルを磨きます。

ポートフォリオ演習

芸術を学び社会にでる。大学で学んだ芸術的、技術的なスキルを直接活かす仕事であるデザイナー。そんなデザイナーをはじめとするクリエイティブ業界への就職で最も重要なのが「作品ポートフォリオ」です。厳しいクリエイティブ職採用の中、本格的な就職活動が始まってからでは準備不足が原因で不本意な結果が予想されます。一度制作しても就職活動をしながら業界・職種別に更にブラッシュアップが必要です。
この講座ではクリエイティブ職への就職希望者を対象に、Adobe Illustrator®とAdobe Photoshop®の基本から復習します。またデザイナーや企業の方に実際に評価されるポートフォリオのポイントを希望の職種ごとに学び、期末に向けて希望の業界にあったポートフォリオの土台を作ります。

コミュニケーション実践演習

この授業では、即興演劇を中心に、発声や呼吸法、インタビュー、アートセラピー(臨床美術)などさまざまな手法を使って、人前で自分をオープンにする姿勢を築き、その場しのぎではない本物の聞く力、話す力をやしなっていきます。
授業はどんな人もフレンドリーになれるような、安心できる空気の中で進めていきます。昨年の受講者も「やる前はこわかったけど、参加したてみたら大丈夫だった、自信がついた」という感想が大半でした。話し下手な人、自分の気持ちを伝えるのが苦手な人こそ、勇気を出してぜひ受講して下さい。
本当のコミュニケーションに向き合う経験は、就職試験という狭い目的だけでなく、あなたの学生生活やこれからの人生にとっておおいに役立つと確信しています。

キャリアのためのデッサン

ゲーム・アニメーション業界をはじめクリエイティブ職採用では必ず描写力の有無が採用に関わります。ゲーム業界でのグラフィックデザイナー、アニメーターの仕事では常に自分の好きなキャラクターや背景を描くとは限りません。グループ制作(作業)においては、いかなる設定にも対応しデザイン、作画していかなくてはなりません。その為、採用に関わるポートフォリオには鉛筆デッサン、ドローイングなどを掲載する必要があります。
このクラスでは、ポートフォリオに掲載出来る作品の制作を念頭に置き、更なるデッサン力の向上を計ります。

キャリアアップ演習

情報の収集や社会とのコミュニケーションなど、インターネット社会とは言いつつも印刷物での情報発信は大きな影響力を持ちうる。本授業ではDTP編集による印刷物の作成の修得を目標とする。DTP(Desktop publishing)とは、パソコンで印刷物を作成することである。DTP編集には、DTPの基本的な知識と、DTP編集ができるアプリケーションソフトウェアの操作スキルが不可欠である。本授業では、DTP専門ページレイアウトアプリケーションソフトであるAdobe InDesign®の操作を基本から学び、ページといった紙面展開を持つInDesignの概念や構成を理解すると同時に、特に誌面に配置される「文字」や「組版」の展開を考察していく。さらに、Adobe Illustrator®およびAdobe Photoshop®を用いた「組版」の基礎知識も学んでいく。最終的には、オリジナルの冊子を完成させるスキルの修得を目的とする。

クリエイティブの現場

この授業は、最先端のアーティストやクリエイティブ企業を講師に招き、新しい時代の「コンテンツづくり」「人の集め方」「ものの売り方」を実践的に学びます。
昨年度は、「ポプテピピック」のプロデューサー・須藤孝太郎さん、”日本一ふざけた”webコンテンツを提供し続けるバーグハンバーグバーグ・シモダテツヤ社長、アーティストとしても活躍中のアイドル、でんぱ組.inc夢眠ねむさん、やる気あり美・太田尚樹さん、スクエアエニックスで数々の怪作を世に出し続けてきたゲームプロデューサー・安藤武博さんなどに講師を務めていただきました。
今年度も、web、アニメ、ゲーム、出版など、さまざまなジャンルから、講師を招き、コンセプトづくり、プロデュース戦略、プロモーション計画などを講義とワークショップ形式で学びます。

職業研究

就職への一番の近道は何か。それは、自分が好きになれる仕事、やりたいと思える仕事を見つけることです。精華でも早い段階で自分のやりたい仕事を見つけた学生は、ほとんどが希望通りの就職をかなえています。
でも、現実には、やりたい仕事が見つからない、何が向いているかがわからない。そういう学生がかなりいます。もしかするとあなたもそうかもしれません。
でも、これは「わからない」「見つからない」のでなく「知らない」だけなのです。実は世の中には想像以上に多くの仕事があり、その中には必ず自分に向いている仕事、好きになれる仕事がある。でも、その存在を知らないから、見つけることができず、人生の大きなチャンスを逃し、可能性を閉ざしてしまう。これはとてももったいないことです。
この科目は、みなさんがそういう状況に陥ることなく、いきいきとした未来を手に入れるための講座です。

ライフデザイン

「キャリア」という言葉には、狭義と広義のふたつの意味があります。狭い意味の「キャリア」は、職業や職位、また業績・学歴・職歴・技能・資格などを意味する職業的なもの。一方の広い意味の「キャリア」は、職業のみならず、人の人生や生きかたを意味し、人生のプロセスにおいて日々変化し発達するものと捉え、「ライフ・キャリア」とも表現されます。
この授業は後者の、広義の「キャリア」を考えるキャリア教育科目です。就職活動のための実践的な指導をする授業ではなく、より広い射程の中から自分の人生の道筋を捉えます。
先入観で固くなったアタマをときほぐしながら、人生の節目についてじっくりと考えていきましょう。

ページトップへ