6/4[木]山川 冬樹(ホーメイ歌手・アーティスト)「近すぎて見えないもの、聴こえないもの」

遠すぎて見えない、聴こえないのではなく、近すぎるからこそ、見えない、聴こえないもの。”灯台下暗し”ということばがありますが、すぐそばにある、この身体から…、あるいは日々の生活から…、私たちはまだまだたくさんの可能性を導きだすことができるのではないでしょうか。そうした身近に潜む可能性を発見し、露にすることは、芸術が担ってきた大切な役割のひとつだと言えるでしょう。このレクチャーでは音楽、美術、舞台芸術といった領域を射程にいれながら、パフォーマンスの実演と、簡単なワークショップ的実践をまじえつつ、『近すぎて見えないもの、聴こえないもの』を見る術、聴く術を探りたいと思います。

講師 山川 冬樹 (ホーメイ歌手・アーティスト)
日時 2010年6月24日(木)16:20〜17:50
申し込み 不要(無料・先着順)
会場

本学までのアクセスはこちら

京都精華大学

〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5343/Fax:075-702-5391
garden@kyoto-seika.ac.jp

*地下鉄「国際会館」駅3番出口よりスクールバス(無料)をご利用下さい。
*京阪「出町柳」駅下車、叡山電鉄に乗換え「京都精華大前」駅下車すぐ。
※大学に駐車場はございません。公共の交通機関をご利用下さい。

プロフィール

山川 冬樹 YAMAKAWA Fuyuki

山川 冬樹 YAMAKAWA Fuyuki

1973年、ロンドンに生まれる。自らの「声」と「身体」をプラットフォームに、あらゆるジャンルの境界を超えて活動。電子聴診器を用いたパフォーマンスでは、心拍の速度や強さをコントロールし、それを光の明滅として視覚化。骨伝導マイクを使ったパフォーマンスは、ソニーウォークマンのCMで取り上げられ話題を呼んだ。活動は国内に留まらず、2007年、ヴェネツィア・ビエンナーレ・ダンス部門から二回連続で招聘を受ける。また歌い手としては、日本における「ホーメイ」の名手として知られ、2003年、ロシア連邦トゥバ共和国で開催された「第4回国際ホーメイフェスティバル」にて「アヴァンギャルド賞」を受賞。こうした音楽/ 舞台活動の一方で、美術作家として作品を制作。遺された声と記憶をテーマにしたインスタレーション「the Voice-over」は、釜山ビエンナーレ(2008)、ヨコハマ国際映像祭(2009)などで発表された。

公式サイト http://fuyuki.org/