10/29[木]楊 逸(作家・第139回芥川賞受賞)「私と言葉、そして小説」

1964年——読書無用論が謳歌された時代の中国、教師一家に生まれた私は、小学校に上がるずっと前から、読めるはずもない父の蔵書を齧り始め、味わいが良かったのか癖にもなり、幼少期から青春期にかけずっと本に耽っていた。そんなある日突然、齧りすぎてポロポロになった本たちを放りだし、日本という真新しい世界に飛び込んだ。22歳の終わりを告げる春のことで、初めて日本語と出会った時でもあった。そして今日、私はその時に出会った日本語で小説を書いている。

講師 楊 逸(作家・第139回芥川賞受賞)
日時 2009年10月29日(木)16:20〜17:50

申し込み 不要(無料・先着順)
会場

本学までのアクセスはこちら

京都精華大学

〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5343/Fax:075-705-4076
garden@kyoto-seika.ac.jp

*地下鉄「国際会館」駅3番出口よりスクールバス(無料)をご利用下さい。
*京阪「出町柳」駅下車、叡山電鉄に乗換え「京都精華大前」駅下車すぐ。
※大学に駐車場はございません。公共の交通機関をご利用下さい。

プロフィール

楊 逸 Yang Yi

楊 逸 Yang Yi

作家。中国ハルビン市出身、中国籍。1987年留学生として来日。お茶の水女子大学文教育学部地理学専攻卒業後、在日中国人向けの新聞社勤務を経て中国語教師となる。2007年『ワンちゃん』で第105回文學界新人賞受賞し日本語作家としてデビュー。2008年『ワンちゃん』で第138回芥川賞候補となる。2008年『時が滲む朝』で第139回芥川賞を受賞。中国籍の作家で初の受賞者となった。最新作は『金魚生活』(2009年、文藝春秋)、『すき・やき』(「新潮」2009年6月号)。