9/24[木]田口トモロヲ(俳優・映画監督)「やらなきゃいけないことをやるだけさ」

講師 田口トモロヲ(俳優・映画監督)
日時 2009年9月24日 (木)16:20〜17:50
申し込み 不要(無料・先着順)
会場

本学までのアクセスはこちら

京都精華大学

〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5343/Fax:075-705-4076
garden@kyoto-seika.ac.jp

*地下鉄「国際会館」駅3番出口よりスクールバス(無料)をご利用下さい。
*京阪「出町柳」駅下車、叡山電鉄に乗換え「京都精華大前」駅下車すぐ。
※大学に駐車場はございません。公共の交通機関をご利用下さい。

プロフィール

田口トモロヲ TAGUCHI Tomorowo

田口トモロヲ TAGUCHI Tomorowo

1957年11月30日東京都生まれ。独自の路線で観るものを魅了し続ける、日本映画界に欠かせないオンリーワンの存在。大学中退後、20代を漫画家、ライター、イラストレーター等の仕事をしながら、マイナー、アングラ、インディペンデントシーンで過ごす。演劇活動としては、“発見の会”を皮切りに、劇団“健康”の旗揚げに参加。同時期に、パンクバンド“ばちかぶり”を結成し、音楽活動も開始する。82年に『俗物図鑑』(内藤誠監督)で映画デビュー。塚本晋也監督の『鉄男』(89)に主演、脚光を浴びる。その後、200本あまりの映画に出演。96年度日本映画プロフェッショナル大賞功労賞、97年度毎日映画コンクール男優助演賞受賞。最近の出演作に『MASKE DE 41』(村本天志監督)、『セプテンバー11』(今村昌平監督)、『幽閉者〜テロリスト』(足立正生監督)、『世界で一番美しい夜』(天願大介監督)、『少年メリケンサック』)(宮藤官九郎監督)など。俳優以外にも、みうらじゅん氏と94年末に結成したユニット“ブロンソンズ”で単行本「ブロンソンならこう言うね」(ごま書房)を刊行、00年から「プロジェクトX〜挑戦者たち」(NHK)でナレーションを担当するなど多才ぶりを発揮。03年に『アイデン&ティティ』で監督デビューを果たし成功を収め、本年8月監督第二作『色即ぜねれいしょん』が公開となった。