対談 川上未映子(文筆歌手)×千野帽子(俳人・文筆業)

日時:7月3日(木)16:20〜17:50  会場:京都精華大学 黎明館201教室 
費用:無料 申込:不要(先着順) ※他の回と開催時刻が異なります。ご注意ください。

講演要旨

文学の世界では、「どんな文を書くか」が「どんな私であるか」に直結してしまうことがあるかもしれません。歌詞、散文詩、フィクションの作り手である川上未映子さんに、文体と「私」と文学について、現場の話をいろいろ訊いてみたいと思っています。(千野帽子)
書き物に、お会いしたときに、読むときに。色んな「私」にでくわします。しかしそこかしこに発露する「私」とは、いったいなんでありましょうか。作家と作品の関係、そして文学における「私」の発生のあれこれについて、千野帽子さんとお話したいと思います。(川上未映子)

 

プロフィール

  • profile

川上未映子 KAWAKAMI Mieko
1976年8月29日大阪府生まれ。2002年ビクターエンタテインメントより歌手デビュー。3枚のシングルと3枚のアルバムを発表。主な作品「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」(05年11月ユリイカ)、「感じる専門家 採用試験」(06年11月早稲田文学)、随筆集『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』(06年ヒヨコ舎)、「わたくし率イン歯ー、または世界」(07年5月早稲田文学ゼロ0[単行本は07年講談社刊]/第137回芥川賞候補)、作品集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』(07年青土社)。07年9月第1回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞受賞。「乳と卵」(07年12月文學界)により第138回芥川賞を受賞、08年2月に単行本が刊行された。

  • profile

千野帽子 CHINO Boshi
フランス政府給費留学生としてパリ第4大学ソルボンヌ校に学び、博士課程修了。2004年から休日のみ文筆業。著書『文藝ガーリッシュ 素敵な本に選ばれたくて。』(河出書房新社、続篇準備中)、『文學少女の友』(青土社)。「読売新聞」「東京新聞」「野性時代」「Dear」「アスペクト」「日本語学」「俳句」などに連載、「FIGAROjapon」「SPUR」「yom yom」「文藝」「小説トリッパー」「ユリイカ」「modernjuice」「ミステリマガジン」「北海道新聞」などに寄稿。三島由紀夫『恋の都』(ちくま文庫)、綾辻行人『最後の記憶』(角川文庫)など文庫解説もある。08年4月より京都在住。
http://d.hatena.ne.jp/chinobox/

対談 川上未映子(文筆歌手)×千野帽子(俳人・文筆業):アセンブリーアワー講演会

対談 川上未映子(文筆歌手)×千野帽子(俳人・文筆業)

日時:7月3日(木)16:20〜17:50  会場:京都精華大学 黎明館201教室 
費用:無料 申込:不要(先着順) ※他の回と開催時刻が異なります。ご注意ください。

講演要旨

文学の世界では、「どんな文を書くか」が「どんな私であるか」に直結してしまうことがあるかもしれません。歌詞、散文詩、フィクションの作り手である川上未映子さんに、文体と「私」と文学について、現場の話をいろいろ訊いてみたいと思っています。(千野帽子)
書き物に、お会いしたときに、読むときに。色んな「私」にでくわします。しかしそこかしこに発露する「私」とは、いったいなんでありましょうか。作家と作品の関係、そして文学における「私」の発生のあれこれについて、千野帽子さんとお話したいと思います。(川上未映子)

 

プロフィール

  • profile

川上未映子 KAWAKAMI Mieko
1976年8月29日大阪府生まれ。2002年ビクターエンタテインメントより歌手デビュー。3枚のシングルと3枚のアルバムを発表。主な作品「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」(05年11月ユリイカ)、「感じる専門家 採用試験」(06年11月早稲田文学)、随筆集『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』(06年ヒヨコ舎)、「わたくし率イン歯ー、または世界」(07年5月早稲田文学ゼロ0[単行本は07年講談社刊]/第137回芥川賞候補)、作品集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』(07年青土社)。07年9月第1回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞受賞。「乳と卵」(07年12月文學界)により第138回芥川賞を受賞、08年2月に単行本が刊行された。

  • profile

千野帽子 CHINO Boshi
フランス政府給費留学生としてパリ第4大学ソルボンヌ校に学び、博士課程修了。2004年から休日のみ文筆業。著書『文藝ガーリッシュ 素敵な本に選ばれたくて。』(河出書房新社、続篇準備中)、『文學少女の友』(青土社)。「読売新聞」「東京新聞」「野性時代」「Dear」「アスペクト」「日本語学」「俳句」などに連載、「FIGAROjapon」「SPUR」「yom yom」「文藝」「小説トリッパー」「ユリイカ」「modernjuice」「ミステリマガジン」「北海道新聞」などに寄稿。三島由紀夫『恋の都』(ちくま文庫)、綾辻行人『最後の記憶』(角川文庫)など文庫解説もある。08年4月より京都在住。
http://d.hatena.ne.jp/chinobox/