「「振り付け」という遊び方」

講演風景

石内都「Mother's──母の遺品のゆくえ」 石内都「Mother's──母の遺品のゆくえ」 石内都「Mother's──母の遺品のゆくえ」 石内都「Mother's──母の遺品のゆくえ」 石内都「Mother's──母の遺品のゆくえ」

日時:6月5日(木)14:40〜16:10 開場:14:30  会場:京都精華大学 黎明館201教室 
費用:無料 申込:不要(先着順)

講演要旨

「ダンス」はさほど身近な出来事ではない、と考えているそんな人たちも多いと思いますが、意外と身の回りにたくさんあるものです。カツカレーがうまくて小躍りするのも、ゴールをきめて歓喜の舞いをするのも、ホームの上で音楽を聴きながらステップを踏むのも、「ダンス」です。大昔の人々を勝手に想像すると、多くの情報伝達手段は、「身振り手振り」のからだを通した表現だったと思われます。それは今となんら変わらない姿でもあります。みなさんは、「からだ」を持っています。それは唯一、最高級かつ使用にはコストのかからない最も安上がりな玩具でもあります。そんな自分のからだをどう使うかは、あなたしだい。身近に転がっている「振り付け」から、遊び方、コミュニケーションの取り方、テレビやCMでの振り付けについて、話していきたいと思います。少しだけ動いたりもします。

「「振り付け」という遊び方」

 

プロフィール

  • profile

近藤良平 KONDO Ryohei
ダンサー・振付家。ダンスカンパニー「コンドルズ」の主宰として、さまざまな舞台表現の領域間を自在に越える独自の活動を展開してきた。結成以来世界20ヶ国で公演。近年はバンド・プロジェクト「THECONDORS」のメジャー・デビューや、テレビ・ラジオへの出演など、活動の幅を広げ続けている。2008年も国内外で多数公演予定。第4回朝日舞台芸術賞寺山修司賞受賞。振付作品に氣志團や矢井田瞳のPV、宮崎あおい主演『星の王子様』、三池崇史監督『カタクリ家の幸福』など。NHK『からだであそぼ』の「こんどうさんちのたいそう」や『サラリーマンneo』の「テレビサラリーマン体操」では振付し、出演もしている。大学等での指導を通じ、コンテンポラリーダンスの社会的浸透にも貢献。笠井叡、木佐貫邦子等の作品にメインダンサーとしても出演してきた。ペルー、チリ、アルゼンチン育ち。愛犬家。

http://www.condors.jp/